ユーロドル:ドラギ総裁初言語に下落も持ち直す


パソコン
先週のユーロドルは、1.06000付近のサポートの強さを確認した一方で、10.7000のレジスタンスの強さも実感できる動きとなりました。

欧州中央銀行の金利据え置きは予想されていたため、政策金利発表後に特に大きな動きは見られませんでしたが、その後にドラギ総裁が来年以降も量的緩和を続ける可能性があると発言したため、ユーロドルは一気に下落。

ただ、1.06000割れあたりで下げ止まり、その後再び元の水準に戻したため、かなり強いサポートがあると予想することができます。

そして、ドナルド・トランプ新大統領が就任式で真新しいことに言及せず、それがドル売りにつながったのか、ユーロドルは上昇しました。

ただし、1.07000台に突入することには成功したものの、1.07000割れで相場を終えていますので、レシスタンスもかなり強そうです。

今週は押し目買いを狙いたいところでありますが、トランプ新大統領の発言でドル買いが進む可能性も否定できませんので、その点は気をつけたほうが良いかもしれません。

では、テクニカルチャートをもとにユーロドルの動きを見ていきましょう。

4時間足では高値を徐々に切り上げる

ユーロドル:テクニカルチャート
上記はユーロドルの4時間足のテクニカルチャートとなっています。

このところのローソク足は高値を徐々に切り上げてきているため、押し目買いで攻めたい局面と言えるでしょう。

直近高値である1.07200付近を上回ることに成功すれば、上昇が加速することになるかもしれません。

日足では一目均衡表の雲とのせめぎあい

ユーロドル:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロドルの日足を表示させたものとなっています。

ローソク足の目の前には一目均衡表の分厚い雲が待ち構えていますが、これまでの勢いを考えると、雲の中に突入する可能性が高いと言えそうです。

1.08000手前までの上昇が期待できる形となっており、かつそれを上回ることができれば100期間移動平均線のあたりまで上値を伸ばすかもしれません。

一方で、アメリカの金利やトランプ大統領の発言にも注意しておきたいところです。

週足では下落トレンドも戻り局面

ユーロドル:テクニカルチャート
上記はユーロドルの週足のテクニカルチャートとなっています。

週足では下落トレンド中ですが、現在は戻りを試している局面と考えることができます。

直近でもみ合い、かつ21期間移動平均線が位置している1.08000台ミドルあたりまで戻しが期待できるような形となっていますので、短期的に見ると押し目買いが有効となるかもしれません。

一方、1.08000台ミドルまで上げてくることがあれば、売りで入ってみたいと考えています。