ドル円:下落トレンド継続も下値切り上げ


男性
先週のドル円は下値を徐々に切り上げる展開となりました。

一時は112円割れを試しにいくもすぐに反発し、114円台ミドルまで上昇。

その大きな要因のひとつとなったのは、アメリカの各経済指標が予想以上に良い結果だったということでしょう。

金曜日の雇用統計発表後は下落しましたが、その後盛り返し、114円付近で相場を終えています。

先週の動きを見ると、下値が徐々に固まりつつあると考えたほうが良いのかもしれません。

一方で上値もまだ重く、上下を壁に挟まれたようなイメージを持っています。

しばらくはこのあたりでのレンジ相場を形成すると予想していますが、どちらかに抜けた場合は素直についていきたいところです。

とはいえ、大きな観点ではまだ下落トレンドが継続していると見ています。

では、テクニカルチャートをもとに来週のドル円相場を見ていきましょう。

4時間足は下値切り上げも上値は限定

ドル円:テクニカルチャート
上記はドル円の4時間足のテクニカルチャートを表示させたものです。

ローソク足を見ると下値を徐々に切り上げていることがお分かりいただけるかと思います。

一方、上値は114円台ミドルで抑えられていますので、ここを上に抜けるのか、それとも下値切り下げに再び向かうのかを確認したいところです。

しばらくはレンジ相場が続くと考えられるため、逆張りのトレードも視野に入れておいたほうが良いかもしれません。

ただし、逆張りはリスクが大きいですので、必ず損切りを入れておきましょう。

なお、4時間足の一目均衡表の雲は上昇を示唆していますが、200期間移動平均線は下向きとなっています。

つまり、現時点でどちらに動くのか判断するのは難しいと言えます。

来週は「待つも相場」の一週間になるかもしれません。

日足は短期移動平均線を上抜け

ドル円:テクニカルチャート
上記はドル円の日足のテクニカルチャートとなっています。

選手は21日移動平均線にローソク足の頭が抑えられた状態が続いていたのですが、金曜日に短期移動平均線をローソク足が上抜けて終えました。

ひとまずは114円台ミドルを再び試しに行くと予想されるものの、直近で2度つけた111円あたりがダブルボトムになるのであれば、114円台ミドルを超えた時点でストップを巻き込みながら上に跳ねる可能性も視野に入れておきたいところです。

とはいえ、中期移動平均線と長期移動平均線はどちらも下落しており、また一目均衡表の雲も下落トレンドを示唆する形となっていますので、跳ねたところは売りエントリーを仕掛けていきたいと考えています。