テクニカルチャートとは


テクニカルチャート
テクニカルチャートとは、簡単に言うと相場の値動きを表した表のことです。

FXやバイナリーオプションを攻略するうえでテクニカルチャートの分析は欠かせません。

テクニカルチャートを分析せずにFXやバイナリーオプションにチャレンジしたことがあるというトレーダーの方もいらっしゃるかもしれませんが、もし最初は勝てていたとしても、次第に損失が膨らむことになるでしょう。

テクニカルチャートは相場を読み解くうえで必須のツールであり、マスターすることこそがFXやバイナリーオプションで利益を積み重ねていく最大のポイントになります。

テクニカルチャートは、トレンドフォロー系とオシレーター系の2種類に大きく分けることができますが、それぞれをうまく使いこなすことが大切です。

以下、トレンドフォロー系のテクニカルチャートとオシレーター系のテクニカルチャートについて分かりやすく説明していきたいと思いますので、FXやバイナリーオプションにチャレンジしたいとお考えの方はぜひご参考ください。

トレンドフォロー系テクニカルチャートとは

トレンド系テクニカルチャートとは
トレンドフォロー系テクニカルチャートとは、相場の方向を表しているチャートのことです。

画像をクリックしていただくと拡大表示されますので、ぜひご覧になってください。

トレンドフォロー系テクニカルチャートを分析するうえでまず確認しておきたいのは、トレンドが出ている相場なのか、それともレンジ相場なのかということです。

トレンド相場

トレンド相場
図をご覧ください。

相場の値動きが右肩上がりになっているのがお分かりいただけるかと思います。

買い相場もしくは売り相場が明確になっているのがトレンド相場です。

トレンド相場では大きな利益を獲得できるチャンスがあり、当ブログ「FXバイナリーオプションブログ」でも推奨しています。

レンジ相場

レンジ相場
このテクニカルチャートは、レンジ相場であることを表しています。

レンジ相場とは、一定の幅で相場が上下を繰り返している相場のことです。

別のページで説明しますが、レンジ相場は逆張りで攻めるのが最も効率的である一方で、上もしくは下にトレンドが出た際に大きな損失を被ってしまう恐れがありますので、リスクが大きいトレード手法と言えるでしょう。

とはいえ、明らかにレンジ相場に突入しているケースにおいて逆張りでのトレードが効力を発揮するのは間違いありません。

なお、代表的なトレンドフォロー系テクニカルチャートとして、移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD(オシレーター系テクニカルチャートとみなされる場合もあり)、一目均衡表、エンベロープが挙げられます。

オシレーター系テクニカルチャートとは

オシレーター系テクニカルチャート
オシレーター系テクニカルチャートとは、相場の変化の大きさを表しているテクニカルチャートのことです。

相場が売られ過ぎの状態にあるのか、それとも買われ過ぎの状態にあるのかと説明したほうがわかりやすいでしょうか。

オシレーター系テクニカルチャートは短期的なトレードに向いているともされており、特にレンジ相場で威力を発揮すると言えるでしょう。

逆に大きなトレンドが出ている場合、オシレーター系テクニカルチャートが機能しないこともありますので、注意しなければなりません。

代表的なオシレーター系テクニカルチャートとして、RSI、RCI、ストキャスティクス、移動平均剥離率が挙げられます。