ローソク足:陽線


テクニカルチャートを分析するうえでローソク足が基本となることは、「テクニカルチャートの基本:ローソク足」でお伝えしたとおりです。

ここでは相場が上昇傾向にある際に現れるローソク足「陽線」の形とその性質について説明したいと思いますので、FXやバイナリーオプションにお役立ていただければと思います。

陽の丸坊主

陽の丸坊主
陽の丸坊主とは、図のように実体部分のみによって構成されている陽線のローソク足のことです。

始値と安値、終値と高値が同じ価格であり、かなり強気の買い相場であることを表しています。

陽の丸坊主がテクニカルチャート上に現れた場合、その後も相場は上昇する可能性が高いと見て良いでしょう。

陽の大引け坊主

陽の大引け坊主
陽の大引け坊主とは、実体に下ヒゲがついた陽線のローソク足です。

陽の丸坊主と同じく強気の買い相場であることを示唆していますが、下落相場時に陽の丸坊主が現れた場合、売り相場から買い相場にトレンドが変わる可能性があります。

陽の寄付き坊主

陽の寄付き坊主
陽の寄付き坊主とは、実体部に上ヒゲのみがついた陽線のローソク足です。

トレンドが買い相場であることを示唆していますが、高値から値段を下げて終わっていますので、買いトレンドの終了を示唆することもあります。

陽の極線

陽の極線
陽の極線とは、実体部の上下に同程度の長さのヒゲがついている陽線のローソク足です。

一般的には「コマ足」と呼びます。

陽の極線は相場が方向感を見失っていることを示唆するケースが多いため、テクニカルチャート上に陽の極線が出た時のエントリーは控え、もしポジションを持っているようなら決済しておいたほうが無難かもしれません。

カラカサ

カラカサ
カラカサとは、実体部に長い下ヒゲがついた陽線のローソク足のことです。

一度価格を下げたものの、強く反発して上昇に転じる相場を示唆していますので、大きな買いチャンスとなる場合があります。

ただし、下落相場においてのことであり、高値圏でカラカサが現れた場合、逆に相場が反落する可能性もあるということを頭に入れておきましょう。

トンカチ

トンカチ
トンカチとは、実体部に長い上ヒゲがついた陽線のローソク足です。

高値圏で現れることが多く、相場の反落を示唆しています。

そのため、トンカチがテクニカルチャート上に現れたら買いポジションを決済する、もしくは売りでエントリーするのも一考です。

トンボ

トンボ
トンボとは、実体部がほとんどなく、上に短めのヒゲ、下に長いヒゲをつけた陽線のローソク足です。

相場が転換期を迎えていることを示唆しており、カラカサがテクニカルチャート上に現れたらエントリーを控え、以後のローソク足の形をチェックしてからエントリーすると良いでしょう。