ローソク足:陰線


テクニカルチャートを分析するうえで基本中の基本となるのが、ローソク足です。

中にはローソク足を見ずにFXやバイナリーオプションを実践しているトレーダーもいらっしゃるようですが、ほとんどのプロトレーダーはローソク足の形もエントリー材料のひとつとしていますので、FXやバイナリーオプションで勝つためにもおさえておきべきでしょう。

今回は売り相場の時に現れるローソク足「陰線」の形と性質について説明していきたいと思います。

陰の丸坊主

陰の丸坊主
陰の丸坊主とは、実体部のみで構成されている陰線のローソク足のことです。

始値と高値、終値と安値が同じ価格であり、かなり強気の売り相場であることを表しています。

陰の丸坊主がテクニカルチャート上に現れた時、隣りのローソク足の形を確認しながら売りでエントリーするのも一考でしょう。

陰の寄付き坊主

陰の寄付き坊主
陰の寄付き坊主とは、長い実体部に下ヒゲがついた陰線のローソク足です。

下げ相場のときに現れやすく、陰の寄付き坊主がテクニカルチャート上に表示されたとき下値を付けた可能性があります。

ただし、引き続き下げる可能性も否定できませんので、次のローソク足の形などが大きなポイントになるでしょう。

陰の大引け坊主

陰の大引け坊主
陰の大引け坊主とは、長めの実体部に上ヒゲを付けた陰線のローソク足です。

強い下落相場を暗示しており、陰の大引け坊主がテクニカルチャート上に現れた場合、売りサインと捉えることができます。

陰の極線

陰の極線
陰の極線とは、実体部の上下に短いヒゲが付いた陰線のローソク足です。

「コマ」と呼ぶこともありますので、覚えておくと良いでしょう。

陰の極線がテクニカルチャート上に現れた時、相場は迷っている状態にあると言われています。

買い相場売り相場、どちらにも転がる可能性がありますので、陰の極線が出たときのエントリーは控えることをおすすめします。

カラカサ

カラカサ
カラカサとは、小さめの実体部に長い下ヒゲが付いた陰線のローソク足です。

安値圏でカラカサが出た場合、強く反発して終えていますので、相場が買いトレンドに変わる可能性があります。

トンカチ

トンカチ
トンカチとは、小さめの実体部に長い上ヒゲが付いた陰線のローソク足です。

一度は強く反発して上昇を試すも、結局は下げて終わったことを示していますので、引き続き下落相場が続く可能性が高いとされています。

トウバ

トウバ
トウバとは、ほとんどない実体部に長い上ヒゲが付いたローソク足です。

売り圧力が強く、下落相場が続く可能性が高いとされています。