テクニカルチャート:一目均衡表


一目均衡表
一目均衡表とは、波動・時間・水準を総合的に取り入れてテクニカルチャートであり、一目山人(細田吾一)氏を中心とした約2000人ものスタッフが7年という歳月をかけて作り上げたと言われています。

純日本産のテクニカルチャートとなっていますが、今では海外のプロトレーダーの多くも一目均衡表を利用しているようです。

一目均衡表は相場のトレンドを把握し、エントリーポイントを見つけ出すために非常な有力なテクニカルチャートとなっています。

ただ、7年という歳月をかけて開発されたということもあり、一目均衡表のすべてを理解するのは難しいかもしれません。

したがって、一目均衡長はどのような仕組みであり、どんな形の時にエントリーポイントとなるのかを把握しておけば良いでしょう。

ここでは一目均衡表の構成について説明していきたいと思います。

一目均衡表の構成

一目均衡表の構成
一目均衡表は、①基準線、②転換線、③先行スパン1、④先行スパン2、⑤遅行スパン、⑥雲で構成されています。

以下でそれぞれの特徴について見ていきましょう。

①基準線

上記テクニカルチャートの①が、一目均衡表の基準線です。

基準線は過去26日間の最高値と最安値を足し、2で割った数字をつなげた線となっています。

相場の中期トレンドを表しており、基準線が上向きなら買い相場、下向きなら売り相場と判断してください。

②転換線

上記テクニカルチャートの②が、一目均衡表の転換線です。

転換線は過去9日間の最高値と最安値を足し、2で割った数字をつなげた線となっています。

相場の短期トレンドを示す線と見ることもできますが、基準線との関連性を見ることが非常に重要です。

転換線が基準線を下から上抜けると上昇トレンドが発生、転換線が基準線を上から下抜けると下落トレンド発生と判断することができます。

③先行スパン1

上記テクニカルチャートの③が、一目均衡表の先行スパン1です。

先行スパン1は基準線と転換線を足して2で割り、26日間先行させたラインとなっています。

④先行スパン2

上記テクニカルチャートの④が、一目均衡表の先行スパン2です。

先行スパン2は52日間の最高値と52日間の最安値を足して2で割、26日間先行させたラインとなっています。

⑤遅行スパン

上記テクニカルチャートの⑤が、一目均衡表の遅行スパンです。

遅行スパンは当日の終値を26日間遅行させたラインとなっています。

⑥雲

上記テクニカルチャートの⑥で表している帯域が、一目均衡表の雲です。

先行スパン1と先行スパン2で囲まれた帯域を「雲」として覚えておくと良いでしょう。

価格が雲の上にあるときは強気相場、雲の下にあるときは弱気相場、雲の中にあるときは相場が迷っている状態にあると判断することができます。