テクニカルチャート:MACD


テクニカルチャート:MACD
MACD(マックディー:Moving Average Convergence Divergence)とは、相場のトレンドを先読みすることができるテクニカルチャートです。

FXやバイナリーオプション業者によってはMACDをトレンド系テクニカルチャートに分類することもあれば、オシレーター系テクニカルチャートに分類することもあります。

ただトレンド系テクニカルチャートかオシレーター系テクニカルチャートかにこだわる必要はなく、MACDの読み解き方を理解することが最も重要と言えるでしょう。

なお、当ブログ「FXバイナリーオプションブログ」では、MACDをオシレーター系テクニカルチャートのひとつとして見ていきたいと思います。

MACDの構造

MACDの構造

MACDは、上記テクニカルチャートの①で示す「MACD」、②で示す「指数平滑移動平均線(EMA)」、③で示すヒストグラムで構成されています。

MACD

上記テクニカルチャートの①で示しているMACDは、
「(12期間指数平滑移動平均線)-(26期間指数平滑移動平均線)」
の計算式で算出される線です。

指数平滑移動平均線

上記テクニカルチャートの②で示している指数平滑移動平均線は、
「①のMACDの9期間単純移動平均」
で算出される線です。

MACDのテクニカルチャートをご覧いただければ分かると思いますが、指数平滑移動平均線はMACDより滑らかな曲線を描いています。

ヒストグラム

上記テクニカルチャートの③で示しているバークラフが、ヒストグラムです。

ヒストグラムは、
「MACDとシグナルの差」
で算出されます。

MACDの見るべきポイント

MACDとシグナルのクロス

MACDとシグナルのクロス
MACDを見る際にぜひチェックしていただきたいのが、MACDとシグナルのクロスです。

上記テクニカルチャートですと、①の時に白色のMACDが赤色のシグナルを下抜け(デッドクロス)、②の時にMACDがシグナルを上抜け(ゴールデンクロス)しているのがお分かりいただけると思います。

移動平均線と同じ考えで、デッドクロスの時が売り、ゴールデンクロスの時が買いサインとなりますが、0ライン(上記テクニカルチャートでは0.0000の点線ライン)の上でデッドクロスすれば売り、下でゴールデンクロスすれば買いと見ると良いでしょう。

ただし、これにはダマシがありますので、他のテクニカルチャートと合わせて見るなどして相場の流れを判断しなければなりません。

MACDと0ラインの位置関係

MACDが0ラインを下から上へ抜けた場合を買いシグナル、0ラインを上から下へ抜けた場合を売りシグナルと見ることもできます。

ただし、これもダマシが多いとされていますので、注意しなければならないでしょう。

ヒストグラムの動き

ヒストグラムの動き
MACDを使用する際に、ヒストグラムの動きを最も重視するトレーダーも多いと言われています。

上記テクニカルチャートをご覧ください。

ヒストグラムが①の状態、つまり0ラインより上にある場合は強気相場、下にある場合は弱気相場と見ることができます。

ヒストグラムが一度天井、もしくは底をつくと、その後は下落もしくは上昇する可能性が高いと考えられますので、天井をついた後に売りエントリー、もしくは底をついた後に買いエントリーを仕掛けるのもひとつの方法です。