テクニカルチャート:DMI


テクニカルチャート:DMI
DMI(Directional Movement Index)は、相場にトレンドが出ているか、それとももみ合っているのかを表すオシレーター系のテクニカルチャートです。

一般的には+DIと-DI、そしてADXという3本のラインを見ることで相場のトレンドが判断されています。

DMとADXを説明する前に、まずはTR(True Range)とDM(Directional Movement)について説明しなければなりません。

TRは、
(当日の高値-当日の安値)、(当日の高値-前日の終値)、(前日の終値-当日の安値)
の最大値を表します。

通常、一日のレンジ幅はローソク足などで見ることができますが、TRは前日の終値も含めて考えるため、ローソク足が示す数値とは異なる数値を表すということを理解しておいてください。

ただ、FXやバイナリーオプションをするにあたり、TRを詳しく知る必要はないかもしれません。

一方のDMは、当日のレンジで前日のレンジからはみ出た部分(上にはみ出ていれば+DM、下にはみ出ていれば-DM)のことを言います。

ここまで説明したうえで、次はDIとADXそれぞれの見方について解説していきましょう。

DIの見方

DI
DIは、DIはDM÷TRで算出されます。

数値がプラスであれば+DIと、マイナスであれば-DIと表記しますので、覚えておいてください。

上のテクニカルチャートでは、①が+DI、②が-DIです。

+DIと-DIを見ると、+DIが-DIより上に位置している時と、+DIが-DIより下に位置している時があるのがお分かりいただけると思います。

この2つのDIを見て相場を分析する場合、

  • +DIが-DIより上に位置している時が上昇トレンド
  • +DIが-DIより下に位置している時が下落トレンド

と判断します。

ただし、この後説明しますが、上記テクニカルチャートでは黄色で表しているADXが2つのDMIより上に位置していることが基本です。

もしADXが2つのDIより下にあれば、その時の相場は揉み合っていると考えられますので、エントリーは控えたほうが良いかもしれません。

ADXの見方

ADX
DMIを見るにあたって特に注意していただきたいのが、ADXです。

上記テクニカルチャートでは黄色で示している③のラインが、ADXとなります。

ADXの動きを見てみると、上に上昇している時と下に下落している時があるのがお分かりいただけるでしょう。

ADXは、

  • 上向きの時にトレンドが発生
  • 下向きの時にもみ合い

であることを表しています。

つまり、ADXが上向きであれば上昇、下落に関わらずトレンドが発生していると判断でき、一方でADXが下向きであれば相場が揉み合っているということになるわけです。

ただ、ダマシのような動きをすることもありますので、トレンドを判断する際には他のテクニカルチャートとの併用が必須となるでしょう。