テクニカルチャート:フィボナッチ


テクニカルチャート:フィボナッチ
今回はテクニカルチャートのひとつ、フィボナッチについて説明したいと思います。

フィボナッチとは、フィボナッチ・ナンバーと呼ばれる数列を応用したものであり、FXやバイナリーオプションだけでなく、広い分野で使用されている考えです。

数学的は話は難しいと思いますので、フィボナッチがどのようなシーンで利用できるのかを把握しておきましょう。

ちなみに、フィボナッチにはフィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・プロジェクション、フィボナッチ・エクスパンションなどの種類がありますが、一般的にはフィボナッチ・リトレースメントが用いられており、ここでもフィボナッチ・リトレースメントについて説明したいと思います。

フィボナッチ・リトレースメントの使用シーン

フィボナッチ・リトレースメント
上記のテクニカルチャートをクリックし、拡大させてみてください。

これは、ニュージーランドドル/円の週足となっています。

期間中の高値(94.031円)から落ちてきた部分(84.060円)を対象に、フィボナッチ・リトレースメントを表示させています。

94.031円の高値から84.060円まで落ちてきた後、テクニカルチャートの92.402円まで戻しているのがお分かりいただけるかと思いますが、この位置はフィボナッチ・リトレースメントだと76.4%戻しです。

ヒゲ部分は76.4%を上回っていますが、ローソク足の実体部が抜けておらず、76.4%でしっかり抑えられています。

つまり、フィボナッチ・リトレースメントは、トレンドが発生した際にいくらまで戻す可能性がありますよ、という目安になるのです。

特に38.2%戻し、50%戻し(いわゆる半値戻し)、61.8%戻し、76.4%戻しが重要なポイントとされています。

すでにポジションを保有しているのであれば、フィボナッチ・リトレースメントの値を目安に指値で決済注文をいれると良いでしょう。

また、フィボナッチ・リトレースメントの値に達した時点で新規で注文を入れるのも、ひとつの手法です。

フィボナッチを使用する際の注意点

女性
フィボナッチ・リトレースメントをを使用する際には、どの期間のテクニカルチャートで使用するかが重要になります。

基本的に、日足は週足、月足のテクニカルチャート上でフィボナッチ・リトレースメントを引くようにすると良いでしょう。

5分足や1分足など期間が短いテクニカルチャートだと、フィボナッチ・リトレースメントの信用性が落ちてしまう恐れがありますので、ご注意ください。

また、フィボナッチに限ったことではありませんが、あくまで目安のひとつであり、他のテクニカルチャートと合わせて分析することが重要です。