移動平均線でのトレンドフォロー


移動平均線でのトレンドフォローFXやバイナリーオプションで大きく利益をあげるためには、トレンドに追随する、つまりトレンドフォローでの注文が大きなポイントになります。

ただ、「移動平均線の見方は分かるけど、いつも予想とは逆に動いてしまう」というトレーダーの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、移動平均線を用いる際にどのタイミングでエントリーすれば良いのかお伝えしたいと思いますので、FXやバイナリーオプションにお役立ていただければと思います。

①長期移動平均線の傾きを見る

長期移動平均線の傾きを見る
まずは、上記テクニカルチャートをクリックし、拡大してご覧ください。

テクニカルチャート上の③で示しているラインが、長期移動平均線です。

長期移動平均線は相場のトレンドを表しており、上記テクニカルチャートだと長期移動平均線が上向きとなっていますので、基本は買い注文でのエントリーを心がけます。

逆に長期移動平均線の傾きが下向きであれば、売り注文でのエントリーを心がけましょう。

②ゴールデンクロスとデッドクロスのポイントを見つける

ゴールデンクロスとデッドクロスのポイントを見つける
上記テクニカルチャートをクリックし、拡大表示させてください。

「GC」はゴールデンクロス、「DC」はデッドクロスです。

矢印で示しているポイントがゴールデンクロス、もしくはデッドクロスしている場所となりますが、中期の移動平均線を短期の移動平均線が下から上に抜けている、つまりゴールデンクロスしたタイミングが買いエントリーのチャンスとなります。

ただし、上記テクニカルチャートでは長期移動平均線が上向きであり、相場は上昇トレンドであることを表していますので、デッドクロスのポイントでの売りエントリーは危険です。

テクニカルチャートをご覧いただくとお分かりいただけますように、デッドクロス後にすぐに相場が上昇に反転している様子が見えますので、長期移動平均線の傾きで買い注文か、それとも売り注文かを判断しましょう。

②グランビルの法則を活用する

グランビルの法則を活用する
移動平均線を見るうえで忘れてはならないのが、「グランビルの法則」です。

上記テクニカルチャートをご覧いただくと、①のポイントで短期移動平均線が長期移動平均線に跳ね返され、再び上昇トレンドへ向かった様子がお分かりいただけると思います。

つまり、一度大きなトレンドが発生した後、短期移動平均線が長期、もしくは中期移動平均線に接触し、再びトレンドを形成しているというわけです。

したがって、一度トレンドが出た後に短期移動平均線の動きを見て、長期もしくは中期移動平均線に接触した時に買いエントリーをかけます。

売り注文の場合も同様です。

これはトレンドフォローの基本となりますので、覚えておきましょう。

移動平均線でのトレンドフォローの注意点

ゴールデンクロスやデッドクロスによるトレンドフォローは、あくまでトレンドが出ている時に通用する手法です。

トレンドが発生しておらず、レンジ相場を形成している場合、ゴールデンクロス後に再び下落、デッドクロス後に再び上昇という可能性もありますので、まずはトレンド相場なのか、それともレンジ相場なのかを見極めましょう。

その際には、オシレーター系のテクニカルチャートも利用してください。