MACDでの逆張り


MACDでの逆張り
テクニカルチャートのひとつであるMACDは、逆張りでのエントリーに使用することができます。

実際にMACDを用いてFXやバイナリーオプションにチャレンジしているトレーダーも多いため、非常に有効なテクニカルチャートのひとつと言えるでしょう。

では、逆張りエントリーする場合、MACDのどのポイントを参考にすれば良いのでしょうか?

ここではMACDを用いた逆張り手法について説明したいと思いますので、FXやバイナリーオプションにお役立てください。

MACDとシグナルのクロスによるエントリー

md1
上記のテクニカルチャートをご覧ください。

サブチャートに表示している白色のラインがMACD、赤色のラインがシグナルです。

①のタイミングでシグナルがMACDを下抜いている、いわゆるデッドクロスの状態となっているのがお分かりいただけると思いますが、このタイミングで売りエントリーを仕掛けます。

逆に②のタイミングではシグナルがMACDを上抜けている、つまりゴールデンクロスの状態となっていますが、このタイミングで買いエントリーを仕掛けます。

ちなみに、MACDとシグナルが短期間のうちに何度もクロスする場合もあり、この状態は売り買いが交錯している可能性が高いと見て良いでしょう。

また、その後の相場は大きく動く可能性がありますので、大きなエントリーチャンスとなります。

ヒストグラムを参考にしたエントリー

ヒストグラムを参考にしたエントリー
MACDの大きな特徴のひとつが、ヒストグラムです。

ヒストグラムは一度底、もしくは天井をつけたら反転する可能性が高いと言われており、逆張りの有力な指標となります。

上記テクニカルチャートにおいて、②の時点でヒストグラムが底をつけているのかお分かりいただけると思いますが、その後相場価格は上昇に転じているのが見て取れるでしょう。

一方、①の時点で天井をつけているため、逆張りでの売りエントリーポイントと考えられますが、その後の相場は依然として少々し続けています。

このように、ヒストグラムは将来の値動きを予想するのに有力な指標でありますが、ダマシも多いと言われていますので、移動平均線の傾きなども同時にチェックすることが必要です。

MACDの決済ポイントは?

エントリーしたら、次は決済ポイントを考えなければなりません。

MACDで決済ポイントを割り出す場合、まずはヒストグラムの傾きを見ると良いでしょう。

ヒストグラムが底、もしくは天井をつけた後は相場が反転する可能性が高いとされていますので、ヒストグラムが底、もしくは天井をつけた後に決済します。

また、MACDの傾きが反転したタイミングもひとつの決済ポイントとして考えられます。