ユーロドル:このまま上昇トレンド本格発生か?


女性
先週のユーロドルは上値を伸ばす展開となりました。

それまで重かった1.12000の壁を一気に突破すると、勢いそのままに1.13000ミドルまで到達。

その後戻しの動きも見られましたが、1.13000前半で相場を終えています。

この大きな要因となったのは、アメリカの利上げ観測が遠のいたということでしょう。

利上げ観測が遠のいたことによってドルが売られることとなり、結果ユーロドルが上方向に伸びるという結果につながりました。

では、ユーロドルはこのまま上値を伸ばす展開となるのでしょうか。

まずはアメリカの利上げ時期が大きく関わってくると思われますが、現時点では下げたところを買いエントリーで入るトレードが有効になるかもしれません。

では、テクニカルチャートをもとにユーロドルの動きを見ていきましょう。

4時間足では上昇トレンド

ユーロドル;テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートはユーロドルの4時間足を表示させたものとなっています。

ボリンジャーバンドは拡大し、ローソク足はバンドウォークをしていますが、金曜日の終盤にポジション整理の動きで若干価格を戻しました。

もう一度は上を目指す可能性があると考えられますので、短期移動平均線に接近したあたりで買いエントリーを入れたいと計画しています。

決済目処は直近高値となる1.13600付近となりますが、これを上回ると上昇に勢いがつくかもしれないため、注目したいポイントとなるでしょう。

日足ではバンドウォーク中

ユーロドル;テクニカルチャート
上記はユーロドルの日足を表示させたテクニカルチャートとなっています。

ボリンジャーバンドは拡大し、ローソク足はボリンジャーバンドの+2αに沿ってバンドウォークをしていますので、上昇トレンドが発生している最中と見て良いでしょう。

落ちたところを丁寧に拾っていきたいところで、上値目処は前回高値となる1.14200付近となります。

アメリカの利上げ情報にも注意しながら、積極的に買いエントリーを仕掛けていきたい局面と言えるかもしれません。

週足では100期間移動平均線越えに成功

ユーロドル;テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロドルの週足を表示させたものとなっています。

ローソク足は長く100期間移動平均線の下で推移していましたが、先週の上げ相場により、ついに100日移動平均線を上回って終えることに成功しました。

上値目処はボリンジャーバンドの+1αが位置している1.34970付近となりますが、これを明確に上回ることができれば、ボリンジャーバンドの+2αが位置している1.14700付近を目指す可能性も否定できません。

戻り売りは危険な局面と言えそうですので、当面は下げたところを買っていきたいところです。