ポンドドル:次の材料待ちでレンジ相場か?


女性
国民投票でEU離脱派が多数を占めて以降、ポンドドルは買いにくい状況が続いています。

といっても値動きが荒いポンドドルですので、ボラティリティは他の通貨と比較するとかなりあるため、数100pipsの動きも見られるのですが、1.32000あたりが重くなってきているようにも感じます。

テクニカルチャートを見ると、時間帯によってはレンジ相場を形成しつつありますので、次の材料待ちといったところなのかもしれません。

現時点で買いエントリーから入るのは難しいと思われますが、もし買いで入るのであれば、1時間足など短期時間枠のテクニカルチャートを参考にしたほうが良いでしょう。

基本は戻り売りで攻めたいと思っています。

では、テクニカルチャートをもとにポンドドルの動きを見ていきたいと思いますので、バイナリーオプションやFXの参考にしてください。

4時間足は一目均衡表の雲の中に押し戻される

ポンドドル;テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ポンドドルの4時間足を表示させたものとなっています。

一時は一目均衡表の雲を上に突き抜け、そのまま上昇していくかに思われたポンドドルでしたが、しばらくもみ合ったあとに反落し、最終的には一目均衡表の雲の中に押し戻される形で先週の相場を終えました。

これまでもみ合った1.30000付近がサポートとなるのか、それとも下抜けるかで今後のトレードに差が生まれそうですが、もし下抜けたら一目均衡表の雲の下限あたりまで一気に落ちる可能性もありそうです。

一方、サポートになるようでしたら直近高値である1.31800が上値目処となるでしょう。

日足はレンジ相場

ポンドドル;テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ポンドドルの日足を表示させたものです。

国民投票の結果後からレンジ相場に移行しており、次の材料待ちといったところでしょうか。

しばらくは逆張りでのトレードが有効となるかもしれません。

一方、アメリカの利上げ観測に影響を受ける可能性もありますので、その点も頭に入れておきたいところです。

週足は下落トレンド中

ポンドドル;テクニカルチャート
上記はポンドドルの週足のテクニカルチャートとなっています。

ローソク足はボリンジャーバンドの-1αと-2αの間で推移していますが、ボリンジャーバンドの-1αあたりで戻り売りが入る可能性が高く、現時点で買いエントリー中心のトレードは避けたほうが良いかもしれません。

短期移動平均線、中期移動平均線、長期移動平均線とも下向きとなっているため、強い下落トレンドが発生していると見ることができます。