MACDでのトレンドフォロー


MACDでのトレンドフォロー
MACDを逆張りに利用しているトレーダーも多いかもしれませんが、MACDはトレンドフォローにも利用できる、万能性の高いテクニカルチャートのひとつです。

逆張りで利益を大きくあげることは難しいとされているため、大きな利益をあげるためにもMACDを参考にしてトレンドフォローで投資をするのも良いでしょう。

ここではMACDを利用したトレンドフォロー手法をお伝えしたいと思いますので、FXやバイナリーオプションの参考にしていただければと思います。

MACDとシグナルの交差でトレンドフォロー

MACDとシグナルの交差でトレンドフォロー
MACDでトレンドフォローを狙う場合、MACDとシグナルの交差が大きなポイントになります。

まずは上記のテクニカルチャートをご覧ください。

白色のラインがMACD、赤色のラインがシグナルです。

①のポイントでMACDがシグナルを上から下へ抜けていますが、ここは売りポイントとして見ることができ、②のMACDがシグナルを上抜けているポイントは買いポイントとして見ることができます。

MACDにはダマシがあるため、他のテクニカルチャートとあわせて相場分析を行わなければなりませんが、移動平均線が上向きの状態の時は買い注文を、下向きの状態の時は売り注文をメインにしても良いかもしれません。

上記のテクニカルチャートでは、移動平均線が上向いている状態にあるため、トレンドフォローを狙う場合は②の買いエントリーにより多くの資金を注入しても良いでしょう。

実際に、①の売りポイント直後は相場に大きな動きが見られず、逆に②の快ポイント直後には相場が大きく上昇しているのがお分かりいただけると思います。

MACDの決済ポイント

MACDを決済ポイントの判断に利用する場合、MACDとシグナルの交差はもちろんですが、ヒストグラムの傾きにも目を向けたほうが良いかもしれません。

ヒストグラムで天井、もしくは底をつけた後は相場が反転する可能性が高いとされていますので、ヒストグラムが天井、もしくは底をつけたタイミングで売り決済、もしくは買い決済を入れるのもひとつの手でしょう。

MACDをトレンドフォローに用いる際の注意点

MACDをトレンドフォローに用いる場合、まず最初に相場の流れを把握しておかなければなりません。

もしレンジ相場であるならば、MACDでトレンドフォローを狙っても、予想と逆の方向へ相場が動いてしまうでしょう。

したがって、移動平均線などで相場の流れを判断することが最も重要になります。

また、MACDにはダマシがあるため、MACDだけで相場の動きを判断しないことが大切です。