RSIでの逆張り


RSIでの逆張り
オシレーター系テクニカルチャートの代表格のひとつ、RSIは、主に逆張りでのトレードに用いられています。

大きく利益をあげるためにはトレンドフォローが有効とされているのですが、大きなトレードはそう滅多に発生するものではありませんので、逆張りで利益をあげる方法も身につけておいたほうが良いでしょう。

ここでは、RSIを用いた逆張り手法について説明していきたいと思います。

RSIが20~30%ラインを上抜けたタイミングで買いエントリー

RSI
上記テクニカルチャートをご覧ください。

「買いエントリー」と表示しているポイントで、それまで20%以下にあったRSIが20%ラインを上回っているのがお分かりいただけるかと思います。

RSIが20%~30%ラインより下にあるということは、相場が売られ過ぎの状態にあることを示唆していますので、一度上昇に転じる可能性ありです。

RSIを見ると、20%ラインを上抜けたタイミングで相場が反転しているのがお分かりいただけるでしょう。

なお、RSIが70%を超えると買われ過ぎを示唆することとなりますので、買いポジションを決済するのも良いかもしれません。

RSIが70~80%ラインを下抜けたタイミングで売りエントリー

RSI
上記テクニカルチャート上に「売りエントリー」と表示している箇所がありますが、その箇所はRSIが80%ラインを上から下へ抜けたタイミングとなります。

これは、相場の加熱が冷め、下落に転じる可能性があることを示唆していますので、売りエントリーを仕掛けると良いでしょう。

特に右側の「売りエントリー」の箇所では、相場がその後大きく下落しているのがお分かりいただけると思います。

RSIを逆張りに用いる際の注意点

RSIを逆張りに用いる際の注意点
RSIを逆張りでのトレードに用いる場合、エントリーを焦らないということが大切です。

FXやテクニカルチャートを始めて間もないトレーダーにありがちなのですが、たとえば「RSIが80%を超えたからそろそろ下落に転じるだろう」と勝手に思い込み、RSIが上昇している段階で売りエントリーを仕掛けてしまう場合があります。

しかしながら、RSIが上向いているということは相場が上昇傾向にあることを示唆していますので、その後の相場も上昇を続ける可能性があるのです。

したがって、必ず上に挙げたポイントまで待つよう心がけましょう。

また、レンジ相場からトレンド相場に変わった場合、RSIが機能しなくなることがあるため、もし思惑と逆に方向に相場が動くようであれは、損切りすることも非常に重要になります。