移動平均剥離率でのトレンドフォロー


移動平均剥離率でのトレンドフォロー
オシレーター系テクニカルチャートのひとつである移動平均剥離率は、主に逆張りでのトレードに使用されています。

しかし、相場の大きな流れを把握していれば、トレンドフォローに用いることも可能です。

相場状況によっては移動平均剥離率を用いたトレードが大きな効果を発揮することもありますので、ここでは移動平均剥離率を用いたトレンドフォロー手法を覚えていきましょう。

移動平均剥離率の0ライン上抜けで買いエントリー

移動平均剥離率
移動平均剥離率を用いてトレンドフォローを狙う場合、チャートに表示されている0ラインが大きなポイントになります。

0ラインは相場が拮抗状態にあるラインであり、移動平均剥離率が0ラインより上にあれば、その相場は強気相場です。

特に移動平均剥離率が0ラインを下から上へ抜けた場合、相場が強気相場に変わったことを示唆していますので、買いエントリーする大きなタイミングと言えるでしょう。

実際に、上記のテクニカルチャートをご覧いただくと、「買いエントリー」と表示されている後に相場が上昇しているのがお分かりいただけるかと思います。

移動平均剥離率の0ライン下抜けで売りエントリー

移動平均剥離率
買いエントリーとは逆に、移動平均剥離率が0ラインを上から下へ抜けた場合、売りエントリーのチャンスとなります。

上記テクニカルチャートをご覧いただくと、「売りエントリー」と表記されている後に実際に相場が下落しているのがお分かりいただけるでしょう。

この場合、移動平均線が下向きとなっていますので、売りエントリーで大きな利益を獲得できるチャンスです。

移動平均剥離率をトレンドフォローに用いる際の注意点

女性
移動平均剥離率をトレンドフォローに用いる場合、まず注意したいのは長期移動平均線の傾きです。

長期移動平均線はトレンドを表しており、上記のテクニカルチャートですと長期移動平均線は下向きとなっていますので、下落相場が形成されているということになります。

下落相場が形成されている時に買い注文で入るのは、非常に危険です。

そのまま下落し続ける恐れがあるため、逆に大きな損失を被ってしまいかねません。

したがって、長期移動平均線の傾きを確認したうえで、買いエントリーで攻めるのか、それとも売りエントリーで攻めるのか決めると良いでしょう。

また、移動平均剥離率が0ライン付近で右往左往している時も注意が必要です。

0ラインは相場の膠着を表しているため、移動平均剥離率が0ライン付近で動いている場合、相場が迷っていることを示唆しています。

このような時はエントリーを見合わせ、トレンドが出てからエントリーすることがポイントです。