バイナリーオプションをコツを掴んで攻略しよう!


バイナリーオプションのコツはテクニカルチャートにあり!

女性
バイナリーオプションは、指定された時間が経過したあとに価格が上がってるか下がっているかを予想するだけの投資です。

そのため、株式投資やFXなどの経験がない方でも気軽にチャレンジできる投資となっていますが、バイナリーオプションは必ず勝てるというものではありません。

したがって、いかにして勝率を高めるかということが利益を伸ばす最大のポイントになるでしょう。

バイナリーオプションを攻略するコツは、ずばりテクニカルチャートです。

テクニカルチャートを正しく理解し、分析できるようになることで将来の値動きを予想することができますので、バイナリーオプションの勝率を高めることができます。

ここではバイナリーオプションの商率を高めるために必要なテクニカルチャートのコツを伝授したいと思います。

勝率を高めるコツは自分と相性の良いテクニカル分析を知る事

上記でもお伝えしていますように、バイナリーオプションの勝率を高めるコツは、テクニカルチャートを正しく分析するということです。

正しくテクニカル分析するコツを身に付けることができれば、バイナリーオプションの勝率は必然と高まることでしょう。

テクニカル分析とは

女性
相場を分析する主な手法として、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類が挙げられます。

ファンダメンタルズ分析とは、簡単に言うと各国の経済状況などから相場の先行きを分析する手法のことです。

経済学に関する知識が求められるため、初めてバイナリーオプションにチャレンジするというトレーダーにとっては敷居が高い分析手法と言えるでしょう。

一方のテクニカル分析とは、テクニカルチャートをもとに相場の動きを分析する手法のことです。

ファンダメンタルズ分析とは異なり、経済学に関する知識は必要ありません。

テクニカルチャートを読み解くコツを抑えることが必要になりますが、そう難しいものではありませんので、初心者でも簡単に相場の動きを予想できるようになります

バイナリーオプションにおいてはテクニカル分析のコツを抑えることが最大のポイントとなるため、勝率を高めるためにもぜひテクニカル分析のコツをマスターしてください。

チャートとは

チャートとは
チャートとは、相場の動きをグラフに表したものとなっています。

相場は多くの場面でテクニカルチャートに沿った動きをするため、テクニカルチャートを理解することがバイナリーオプションで勝率を高める大きなコツとなるでしょう。

日本では一般的にローソク足をチャート上に表示させることが多くなっていますが、もちろんローソク足だけでチャートを分析するのは困難です。

したがって、ほとんどのトレーダーはローソク足に加え、移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、RSIなどのテクニカル指標も合わせて表示させています。

これらのチャートを総合的に分析することこそが、バイナリーオプションの勝率を高める最大のコツと言っても過言ではないでしょう。

利益を出す攻略方法

女性
バイナリーオプションで利益を出す最大のコツは、テクニカルチャートの使い方を抑え、分析方法をマスターするということです。

正しい分析手法を身に付けることができれば、かなりの確率でバイナリーオプションで利益をあげられるようになります。

テクニカルチャートの使い方

女性
上記にも記載しましたように、テクニカルチャートにはさまざまな種類があります。

どのテクニカルチャートを選ぶかによってバイナリーオプションの勝率が変わることもありますので、まずはご自身に合っているテクニカルチャートを見つけることがポイントになるでしょう。

以下でそれぞれのテクニカルチャートにおける分析のコツをお伝えしたいと思いますので、バイナリーオプションに活かしていただければと思います。

各テクニカルチャートの攻略ポイント

移動平均線

移動平均線
バイナリーオプションの勝率を上げるコツに欠かせないテクニカルチャートは、やはり移動平均線でしょう。

バイナリーオプションだけでなく、FXや株などの投資においても不可欠な移動平均線ですが、移動平均線の性質を正しく理解することでバイナリーオプションの勝率を高めることができます。

では、移動平均線を用いたバイナリーオプションのコツを見ていきましょう。

グランビルの法則を用いたコツ

移動平均線
上記のテクニカルチャート上に4本の黄色の矢印を表示させていますが、そのポイントがバイナリーオプションでエントリーするコツのポイントになります。

矢印が指している付近ではローソク足が白色の移動平均線(21期間移動平均線)に上昇を阻まれていることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

移動平均線が傾いているとトレンドが発生している状況を示唆しており、上記のテクニカルチャートだと移動平均線が下向きになってますので、下落トレンドが発生していると読み取ることができます。

その時点で、バイナリーオプションでは下値を探る方向で予想し、最も確率が高いポイントでエントリーすることが大切です。

グランビルの法則を用いればローソク足が反発しやすいポイントを抑えることができますので、より精度の高い予想が可能となるでしょう。

⇒グランビルの法則についてはこちら

一目均衡表

一目均衡表
バイナリーオプションで勝率を上げるコツとして使用したいテクニカルチャートのひとつが、一目均衡表です。

日本人が開発したテクニカルチャートである一目均衡表は、転換線、基準線、2本の先行スパン、遅行線のラインで形成されており、2の先行スパンで囲まれた範囲は雲と呼ばれています。

バイナリーオプションでは、この雲をひとつのターゲットとすると良いでしょう。

以下、一目均衡表の見方とバイナリーオプションに役立てる方法を解説したいと思います。

雲の上限・下限での反発を狙う!

レンジ相場における一目均衡表
上記のテクニカルチャートに表示させている黄色の矢印のポイントが、バイナリーオプションでトレードを仕掛けたい重要な箇所になります。

ローソク足が一目均衡表の雲の上限、もしくは下限に接触すると、一時的に反発する可能性が高いとされていますので、その付近でエントリーすることがバイナリーオプションで勝率を高めるひとつのコツとなるでしょう。

一方、ローソク足が雲の中に位置している場合、相場が迷っている状態にあることを示唆しています。

その場合、相場が上がるのか、それとも下がるのか予想が難しくなってしまいますので、バイナリーオプションでのエントリーは控えたほうがベターかもしれません。

トレンド発生時が狙い目!

トレンド発生時が狙い目
上記にテクニカルチャートをご覧いただくと、一目均衡表の雲が下向きに形成されていることがお分かりいただけるかと思います。

この場合は下落トレンドが発生していることを示唆していますので、バイナリーオプションで利益を出すためには価格が下がることを視野においてエントリーすることがコツとなるでしょう。

例えば、上記のテクニカルチャートに表示している②と③の矢印の箇所では一目均衡表の雲の下限付近がレジスタンスとなり、その後のローソク足は陰線が続いていることが確認できるのではないでしょうか。

この場合、一目均衡表の下限付近でレジスタンスの強さが確認された形となりますので、次は安値の更新にチャレンジする可能性が高いと考えられます。

したがって、一目均衡表の雲がトレンドが発生していることを示唆し、かつ雲の上限、もしくは下限付近で重さが確認できたら、次はトレンドに沿った方向にエントリーすることが大きなコツとなります。

一方で、①と④の矢印のように、下落雲の中にローソク足が侵入するも、雲の上限で跳ね返され、再び雲の下にローソク足が押し戻されるというケースもよくあるのですが、ローソク足が一目均衡表の雲の下に再び押し戻された場合、その後大きく下落する可能性が高いと言われています。

このケースは大きなチャンスとなる可能性がありますので、バイナリーオプションで利益を上げるためにもぜひエントリーしたいポイントとなるでしょう。

フィボナッチ

フィボナッチ
フィボナッチは、大きなトレンドが発生した後にどの程度まで価格が戻すか確認できる便利なテクニカルチャートのひとつです。

バイナリーオプションで勝率を高めるコツとして、フィボナッチを参考にするという方法もあります。

以下でフィボナッチを利用したエントリーチャンスを見ていきましょう。

ラインでの反発を確認しよう

ラインでの反発を確認しよう
フィボナッチの23.6%、38.2%、50.0%、61.8%、76.4%ライン付近は、バイナリーオプションでエントリーする大きなポイントにひとつになります。

上記のテクニカルチャートに表示している黄色の矢印は23.6%付近がレジスタンスとなっていることが分かりますので、ここのラインで反発するようでしたら価格が下がると予想すると良いでしょう。

その場合、直近安値あたりまで下げる可能性があります。

なお、一番右のローソク足はフィボナッチの23.6%付近で揉み合っていますが、ここを抜けきれないようであれば直近安値に向かって進む可能性が高いと予想することが可能です。

ライントレード

バイナリーオプションで商率を高めるコツとしてぜひマスターしていただきたいのが、ライントレードです。

テクニカルチャート上に自分でラインを引くという作業が必要になりますが、正しいラインを引くことができるようになれば、バイナリーオプションにおいて大きな武器のひとつとなるでしょう

以下、ラインを使ったバイナリーオプションで勝率を高めるコツをいくつか紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

水平線を使ったライントレード

水平線を使ったライントレード
水平線を使ったライントレードでは、まず直近の高値同士、安値同士をラインで結んでいきます

例えば、上記のテクニカルチャートではそれまでサポートとなっていたラインをローソク足がブレイクすると、そのサポートラインがレジスタンスラインに変わったのがお分かりいただけるでしょう。

そして、新たに誕生したレジスタンスラインをローソク足が上回ることができなければ、今後は安値更新を目指す動きとなりやすいです。

したがって、レジスタンスラインを抜けきれないようであれば現在の価格より下がると予想することができますので、バイナリーオプションではそのようにエントリーします。

一方、仮にレジスタンスラインとサポートラインの間を長く行き来する状態が続くのであれば、それはレンジ相場を形成していることを示唆しています。

トレンド相場かレンジ相場かを判断するためには、移動平均線や一目均衡表、ボリンジャーバンドなどのテクニカルチャーを見ると良いでしょう。

トレンドラインを使ったライントレード

トレンドラインを使ったライントレード
たとえば下落トレンドが発生している場合、高値を切り下げながら下落を続けていくケースが多いです。

その際には直近高値と直近安値をラインで結んでみてください。

上記のテクニカルチャートでは直近高値を結んだラインがレジスタンスとなり、ローソク足の頭が抑えられている状況がお分かりいただけるかと思います。

つまり、ローソク足がラインを抜けきれないようであれば次は安値付近を目指すと予想することができるため、バイナリーオプションにおいては現在の価格より下がるほうでエントリーすると良いでしょう。

また、上記のテクニカルチャートでは2本のライン間の幅が徐々に狭まっていますが、この状況のことを「三角持ち合い」と呼びます。

三角持ち合いが発生している場合、相場は次の動きへ向けてエネルギーを蓄積していますので、仮にサポートラインを割り込むようであれば大きな下落が、またレジスタンスラインを上回るようであれば大きな上昇が発生する可能性があると言われています。

上記のテクニカルチャートでは三角持ち合いを上方向にブレイクしていますので、しばらくは上昇トレンドが期待できるというわけです。

この場合、バイナリーオプションでは現在の価格より高くなると予想すると良いでしょう。

バイナリーオプションのコツは相場のトレンドに沿ってエントリーすること!

女性
バイナリーオプションの勝率を高めるコツは、相場のトレンドに沿ってエントリーするということです。

つまり、上昇トレンドが発生している時には現在より価格が高くなる方向で予想し、下落トレンドが発生している時には現在より価格が安くなる方向で予想することが大きなコツになります。

ですが、トレンド相場なのかレンジ相場なのか判断できないというトレーダーもいらっしゃるのではないでしょうか。

トレンド相場なのかレンジ相場なのか判断するためには、移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表などのテクニカルチャートを用いて分析してみてください。

もし相場の状況が分からないようでしたら、無理にバイナリーオプションでエントリーをする必要はありません。

相場には「休むも相場」という格言がありますように、無理にエントリーする必要はなく、自信がある相場でのみエントリーすることもバイナリーオプションで大きく勝率を高めるコツとなるでしょう。