ドル円:FOMC前に上昇トレンド継続


女性
先週のドル円は115円のレジスタンスを明確に突破することに成功しました。

ポジション整理の動きとみられる下落もあり、一時は112円台まで突っ込むシーンも見られたものの、その後再び巻き返し、上値を追う展開となっています。

そのような中、来週はアメリカのFOMCが予定されています。

アメリカの利上げはほぼ確実とも言われていますが、利上げ発表後の動きも気になるところです。

また、FOMC前にはポジション整理の動きがある可能性がありますので、その点は注意したほうが良いかもしれません。

とはいえ、まだ押し目買いが有効な戦略と言えるでしょう。

では、ドル円の動きをテクニカルチャートをもとに見ていきたいと思いますので、ぜひバイナリーオプションやFXの参考にしていただければと思います。

4時間足ではもみ合いから再び上昇

ドル円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ドル円の4時間足を表示させたものとなっています。

ローソク足は115円付近までトライする動きもありましたが、その後下落し、レンジ相場のような様相を呈していました。

ですが、週末相場で一気に上昇。

115円を明確に突破することに成功し、金曜日の相場を終えています。

短期、中期、長期の移動平均線はすべて上向き、ボリンジャーバンドは拡大、さらに一目均衡表の雲も上昇雲となっていますので、強いトレンドが発生している相場と見て良いでしょう。

ただし、来週はアメリカのFOMCが予定されているため、トレードするならFOMC後の動きを見極めてからが良いかもしれません。

日足では3本の移動平均線が上向きに

ドル円:テクニカルチャート
上記はドル円の日足のテクニカルチャートとなっています。

113円から114円のレベルでしばらくもみ合っていたドル円でしたが、金曜日のニューヨーク相場で一気に上値を伸ばしました。

短期と中期の移動平均線はすでに上向きとなっていたのですが、金曜日の上昇により、それまで水平だった長期移動平均線も上向きになりつつありますので、強い上昇トレンドが発生していると見ることができるでしょう。

基本は押し目買い推奨の展開と言えますが、FOMCを見極めたいところです。

週足では100期間移動兵器線を上回る

ドル円:テクニカルチャート
上記はドル円の週足のテクニカルチャートです。

ローソク足は100期間移動平均線を明確に上回ることに成功しています。

一目均衡表の雲の上限あたりで跳ね返されてはいますが、このレベルはかなりの確率で上回ってくるのではないでしょうか。

ローソク足はバンドウォークを続けていますので、やはり押し目買いを狙っていきたいところです。