ユーロドル:ECB理事会後に上昇も下落トレンド継続か


男性
先週のユーロドルはECB理事会の後に上昇するも、その後に大きく下落する動きとなりました。

ECB総会では資産買入れの期間延長と延長期間での規模縮小が決定したものの、ECB総裁がテーパリングではないと発言し、かつドルが買われたことにより、ユーロドルは大きく下落。

一時は1.08000後半まで上昇したユーロドルでしたが、最終的には1.05000ミドルまで下落して先週の相場を終えています。

今週はアメリカのFOMCが予定されており、利上げはほぼ確実と言われていますので、金利差の拡大によりユーロドルはさらに下値を目指す可能性があると言えるでしょう。

一方で、1.05000のレジスタンスでこれまで何度も跳ね返されているため、このレベルでの取引は様子を見たほうが良いかもしれません。

また、FOMC前のポジション整理の動きにも注意したいところです。

では、ユーロドルの動きをテクニカルチャートをもとに考察していきたいと思いますので、バイナリーオプションの参考にしていただければと思います。

4時間足は1.05000台の攻防

ユーロドル:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロドルの4時間足を表示させたものとなっています。

ECB理事会の前にポジション整理とみられる動きがあり、1.07000台まで上昇したユーロドルでしたが、その後一気に下落しました。

先週は1.05000台ミドルで相場を終えていますが、ローソク足がバンドウォークを続けるかどうかに注目したいところです。

また、何度も跳ね返されている1.05000付近を明確に下回ると、さらなる下値を模索することになるかもしれません。

日足では戻り売りで攻めたい

ユーロドル:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロドルの日足を表示させたものとなっています。

一時はローソク足が短期移動平均線を上回ることに成功するも、ドラギ総裁の発言から大きく下落し、再び短期移動平均線を下回ることとなりました。

テクニカルチャートを見るとお分かりいただけますように、1.05000あたりはこれまで何度も跳ね返されており、強いレジスタンスになっているようです。

テクニカルチャートを見るとそのレベルを下回る可能性が高いと言えそうですが、アメリカのFOMCの結果を待ってからトレードしたほうが良いかもしれません。

週足ではバンドウォークが続くか

ユーロドル:テクニカルチャート
上記はユーロドルの週足のテクニカルチャートです。

ローソク足はボリンジャーバンドの-2αまで押し戻されており、今後もバンドウォークが続くかどうか注目したいところでしょう。

とはいえ、このあたりでは3度跳ね返されているということもあり、もしレジスタンスの固さが確認できたなら再び上値を目指すことになるかもしれません。

いずれにしてもアメリカのFOMCで大きく動く可能性が高いと考えています。