ユーロドル:上昇するもフランス大統領選挙や地政学リスクへの警戒で上値は重い



先週のユーロドルは、一時1.07700付近まで上昇しましたが、その後下落し、1.07000第前半で終えました。

テクニカルチャートを見るともう少し上値を試しにかかる可能性がありそうではあるものの、地政学リスクには注意したいところです。

ヨーロッパ諸国ではテロが頻発しており、またシリア情勢をめぐってロシアと欧米諸国の対立もユーロドルを積極的に買えない原因と言えるでしょう。

また、フランスでは新大統領選出選挙が行われます。

第1回選挙では結論が出ないだろうと予想されているため、第2回選挙までユーロドルは上値を伸ばしにくい展開が続くことになるかもしれません。

一方、フランス大統領選挙の結果により、フランスのEU離脱リスクが低くなれば、ユーロドルは一気に上値を伸ばす可能性があります。

現時点ではどちらに転ぶか分からないだけに、積極的に買いで攻めるのは難しく、柔軟なトレードが求められることになりそうです。

では、テクニカルチャートをもとにユーロドルの動きを見ていきましょう。

4時間足では1.08000台まで上昇する?

ユーロドル:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロドルの4時間足を表示させたものとなっています。

ローソク足は200期間移動平均線によってサポートされており、大きめの陽線で相場を終えました。

また、21期間移動平均線もかろうじて上回っていることから、もう一度上値を試しにかかるかもしれません。

直近高値である1.07700付近が目安となりますが、それを上回ることができればさらに前回高値である1.08000台付近まで上昇する可能性があります。

日足では次の材料待ちか?

ユーロドル:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロドルの日足を表示させたものとなっています。

現在は21期間移動平均線がサポートとして機能している状態であり、買いトレードで攻めたほうが効率的に利益をあげることができそうです。

一方、直近高値である1.09000を上回る可能性が低いと予想されますので、

そのあたりで反発するようでしたら売りで入ると良いでしょう。

週足ではレンジ相場突入か

ユーロドル:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロドルの週足を表示させたものとなっています。

ローソク足は21期間移動平均線を上回り、もう一段上昇しそうな形にも見えます。

また、21期間移動平均線が上向きに転換しつつあるということも、買い心理に影響を与えることになるかもしれません。

とはいえ、ボリンジャーバンドは平行になってきましたので、このレベルでレンジ相場を形成し、次の材料を待つことになるでしょう。

ドル円:地政学リスクで上値重い



今週のドル円は一時108円台前半まで円高が進むもその後切り返し、109円台前半で終えました。

とはいえ、109円台ミドルは非常に重い格好となっており、現時点では下落リスクのほうが高いようにも感じられます。

その大きな要因となっているのが、アメリカと北朝鮮が切迫した状況にあるということでしょう。

トランプ大統領は北朝鮮への軍事攻撃も辞さないとしており、一方の北朝鮮もアメリカへの先制攻撃を示唆しているなど、いつ戦争が始まってもおかしくないような危機的状況となっています。

そのため、円買いの動きが発生しており、上値が重くなっていると考えられるわけです。

この切迫した状況はしばらく続く見込みであるため、ドル円が急激に上値を伸ばす可能性は極めて低いと言えるかもしれません。

現時点では戻り売りで攻めたほうが妥当でしょう。

では、ドル円の動きをテクニカルチャートをもとにしてみていきたいと思いますので、バイナリーオプションやFXにお役立ていただければと思います。

4時間足では21期間移動平均線がサポートに

ドル円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ドル円の4時間足を表示させたものとなっています。

一時は大きく下落したドル円でしたが、108円台前半で反発すると徐々に下値と上値を切り上げてきています。

現在は21期間移動平均線がサポートとして機能している状態で、ローソク足は一目均衡表の雲の中に入り込んでいます。

地政学リスクから、一目均衡表の雲を上抜ける可能性は低いと考えており、もしローソク足が一目均衡表の雲の下に再び出てくるようでしたら、売りエントリーを仕掛けると良いかもしれません。

日足では200期間移動平均線がポイント

ドル円:テクニカルチャート
上記はドル円の日足のテクニカルチャートとなっています。

ローソク足は一時200期間移動平均線の下に入り込みましたが、その後すぐに切り返し、現在は200期間移動平均線がサポートとなっている状態です。

もしローソク足の実体部分が200期間移動平均線の下に入り込むようなことになれば、円高はさらに進むことになるかもしれません。

来週はこの200期間移動平均線とローソク足の関係をチェックしていくと良いでしょう。

週足では下落リスクが高い

ドル円:テクニカルチャート
上記はドル円の週足のテクニカルチャートです。

ローソク足は先週の時点で200期間移動平均線を下回っており、今後はレジスタンスとして機能すると予想されます。

テクニカルチャートを見ると107円台ミドルあたりまで下落する可能性が高いと考えられますので、やはり戻り売りで攻めるべきでしょう。

ユーロドル:上値が重い相場が続く


女性先週のユーロドルも上値が重い展開が続きました。

その大きな要因のひとつとなっているのは、ヨーロッパ各地における地政学リスクでしょう。

ここ最近はヨーロッパ各国でテロ事件が勃発しており、ついにはサッカー日本代表の香川真司選手が乗っていたドルトムントのチームバスもテロ爆破と思われる事件に遭遇してしまいました。

テロリスクは今後も潜み続けると思われますので、よほどの好材料があったり、ドルが急速に売られない限り、ユーロドルは上値が重い展開が続くことになるかもしれません。

一方で、来週はクーレECB理事やピーター・プラートECB専務理事の講演が予定されています。

経済対策について何かしらの言及があるかもしれませんので、注意しておきたいところです。

では、ユーロドルの動きをテクニカルチャートをもとに見ていきましょう。

4時間足では材料待ちでレンジ相場か?

ユーロドル:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロドルの4時間足を表示させたものとなっています。

一時大きく上値を伸ばすような動きがみられましたが、結果的には200期間移動平均線に上昇を阻まれた形となりました。

また、その後に下落を続け、ローソク足の実体部分は21期間移動平均線の下に入り込んでいます。

今後は1.05000台後半を目指す可能性がありそうですが、このレベルを下抜けた場合、ユーロドルの下落はさらに加速することになるかもしれません。

一方で、上値は200期間移動平均線あたりの攻防がポイントになりそうです。

日足では100期間移動平均線の下にもぐりこむ

ユーロドル:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロドルの日足を表示させたものとなっています。

週後半の下落により、ローソク足は100期間移動平均線の下にもぐりこみ、かつ一目均衡表の雲の中まで落ちてしまいました。

一方で、下値と上値を徐々に切り上げてきていたという点には注意したいところです。

ですが、21日移動平均線は下向きに変わりましたので、基本的には戻り売りのスタンスで攻めていきたいと考えています。

週足では21期間移動平均線に抑えられる

ユーロドル:テクニカルチャート
上記はユーロドルの週足のテクニカルチャートとなっています。

先々週の時点でローソク足は21期間移動平均線の下に入り込んだのですが、先週は21期間移動平均を一時上回りました。

しかし、最終的には21期間移動平均線の下で終えていますので、上値の重さを確認したことになるかもしれません。

週足のテクニカルチャートだけで判断した場合、1.05000付近まで下落する可能性も十分ありそうです。

ドル円:200期間移動平均線を割り込む



今週のドル円は、引き続き円高の動きとなりました。

円高になっている要因は、トランプ大統領率いるアメリカが日本との貿易不均衡是正に入る可能性があるということ、北朝鮮に攻撃を仕掛ける可能性が指摘されていること、ヨーロッパでのテロが勃発していることなど、さまざまあります。

ドル売り、円買いの動きが出ていることにより、特にドル円は円高の動きが加速しているようにも思えますが、この展開は今後もしばらく続くことになるかもしれません。

来週も戻り売りで攻めるスタンスが最善と言えるでしょう。

では、ドル円の動きをテクニカルチャートをもとに見ていきたいと思いますので、バイナリーオプションやFXの参考にしていただければと思います。

4時間足では下落トレンド発生中

ドル円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ドル円の4時間足を表示させたものとなっています。

現在は下落トレンドの最中にあるため、戻り売りが有利な局面であると予想することができます。

このあとお伝えしたいと思いますが、この下落で重要なテクニカル指標をブレイクしましたので、積極的に戻り売りで攻めるべきでしょう。

一方で、ファンダメンタルズで急激な動きが出る可能性があるため、その点はおさえておきたいところです。

日足では200期間移動平均線を下回る

ドル円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ドル円の日足を表示させたものとなっています。

このところの下落により、ローソク足はついに200期間移動平均線を下回ることになりました。

また、100期間移動平均線も下向きに変わりつつありますので、今後はより強い下落トレンドが発生する可能性も否定できません。

来週はローソク足の実体部分が200期間移動平均線の下に入り込むかどうかに注目したいと考えています。

週足でも200期間移動平均線を下回る

ドル円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ドル円の週足を表示させたものとなっています。

日足と同じく、週足のテクニカルチャートでもローソク足は200期間移動平均線を下回ることになりました。

また、ボリンジャーバントが拡大しつつありますので、ローソク足がバンドウォークを始めるようであればさらなる下落につながるでしょう。

107円台ミドルまで下落する可能性も十分にあり、それも下回るようであれば106円台ミドルまで下落が進む可能性もあります。

現時点で買いで入るのはリスクが高いと考えられますので、上がったところを徹底して叩く戦略が有効となるでしょう。

ポンドドル:上値重く下落リスク警戒


男性
ここ最近のポンドドルは鈍い動きにとどまっていますが、先週もその流れを引き継ぐ形となりました。

現在は下落リスクのほうが高いと考えていますが、その大きな要因となっているのが、イギリスのEU離脱交渉です。

イギリスとEUは今後2年間にわたって離脱交渉を進めていくことになりますが、序盤から難航していると報じられており、これがポンドドルの頭を押さえている大きな要因となっています。

つまり、イギリスの先行きは不透明な状況となっていますので、ポンドドルを積極的に買って攻めるのは避けたほうが良いかもしれません。

テクニカルチャートを見ても下落リスクのほうが高いと考えられるため、しばらくは戻り売りスタンスで攻めていったほうが無難でしょう。

では、テクニカルチャートをもとにポンドドルの動きを見ていきたいと思いますので、バイナリーオプションやFXにお役立ていただければと思います。

4時間足では下落トレンド発生か?

ポンド円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ポンド円の4時間足を表示させたものとなっています。

しばらくもみ合い相場が続いていましたが、金曜日に下落が加速し、直近安値を下抜き。

ボリンジャーバンドは拡大し、ローソク足は200期間移動平均線を下回って終えました。

このままバンドウォークがスタートする可能性がありますので、バイナリーオプションでは上げたところで下方向でエントリーしたほうが良さそうです。

日足では一目均衡表の雲の下限に迫る

ポンド円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ポンド円の日足を表示させたものとなっています。

ローソク足は金曜日に比較的長い陰線となっており、21日移動平均線を下回って終えました。

また、一目均衡表の雲の下限に迫っていることが確認できると思いますが、もしローソク足が一目均衡表の雲の下に抜けることになれば、下落の勢いが加速することになるかもしれません。

多少なりとも反発が予想されるものの、雲を下抜ける可能性は高いと考えています。

週足では21期間移動平均線を下抜く

ポンド円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ポンド円の週足を表示させたものとなっています。

ローソク足は21期間移動平均線を下回りましたが、ボリンジャーバンドは平行になっていますし、ここ数週間の動きを見ると大きな動きはないだけに、週足ではレンジ相場に移行し、次の材料を待つことになるかもしれません。

とはいえ、今週のポンド円は戻り売りのスタンスで攻めたほうが良いかもしれません。

ユーロ円:ユーロ売り円買いで下落トレンド発生中


男性
先週のユーロ円は、下落の一週間となりました。

その要因は、ユーロ売りと円買いの材料が出たためです。

まずユーロ売りの要因ですが、ECBのドラギ総裁が景気見通しは改善に向かっているとしながらも、マイナス金利解消への期待は裏切られた形となり、ユーロが大きく売られました。

ただし、ECB内でも意見の対立があると言われていますので、今後はECBの主要人物の発言に大きく影響を受けることになるかもしれません。

また、ギリシャへの追加支援は大筋で合意したものの、フランスの大統領選挙戦の見通しが不確かなこと、ロシアで地下鉄爆破テロが発生したことも、ユーロを買いにくくしている材料ともなっています。

円買いの要因については、アメリカが日本との貿易不均衡是正に動く可能性があること、そして北朝鮮に攻撃を仕掛けるという報道が出ているということでしょう。

これらの要因により、ユーロ円はまだ下値を模索する動きが続く可能性が高いと考えられます。

では、テクニカルチャートをもとにユーロ円の動きを見ていきたいと思いますので、バイナリーオプションやFXの参考にしてください。

4時間足ではきれいな下落トレンド

ユーロ円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロ円の4時間足を表示させたものとなっています。

ユーロ円の4時間足のテクニカルチャートを見ると、各移動平均線は下向き、一目均衡表の雲も下落雲を形成していますので、強い下落トレンドが発生しているとみて良いでしょう。

アメリカの長期金利上昇によって上昇する動きもありましたが、その後すぐに下落に転じていますので、しばらくは戻り売りで攻めていきたいところです。

日足では200日移動平均線上の攻防

ユーロ円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロ円の日足を表示させたものとなっています。

ローソク足はボリンジャーバントの-1αと-2αの中で推移していますが、現在は200日移動平均線をわずかながら下回っている状況です。

ローソク足が200日移動平均線を明確に下回ることがあれば下落が加速する可能性がありますので、今週月曜日の相場は注視してください。

週足でも戻り売りで攻めたい

ユーロ円:テクニカルチャート
上記はユーロ円の週足のテクニカルチャートです。

直近安値を下回りましたので、もう一段下落するようにも見えます。

116円付近まで下げる可能性がありますので、ほかの時間足と同じように戻り売りで利益を重ねていきたいところです。

なお、来週11日火曜日にはユーロ圏の鉱工業生産とZEW景況感指数の発表が予定されています。

ドル円:ドル売り円買い要因で上値は限定的


男性
先週のドル円は、上値が重い展開が続きました。

ローソク足は一目均衡表の下落雲の中にとどまっていますが、現時点では下落リスクのほうが高いようにも思われます。

その理由のひとつが、トランプ大統領政権下でさまざまな問題が出てきているということです。

オバマケア代替法案は依然として進んでおらず、採決は5月に先延ばしされる見込みとなっています。

さらに、FOMCでバランスシートの縮小が議論されたことで、アメリカの利上げサイクルが休止する可能性も浮上していますので、ドルを積極的に買いにくい状況です。

そして、アメリカが北朝鮮に攻撃を仕掛けるのではないかという報道も出ており、これが安全資産とされる日本円買いにつながっています。

来週もこれらを中心に相場が動く可能性が考えられますので、リスクマネジメントを徹底しておきたいところです。

では、ドル円の動きをテクニカルチャートをもとにみていきましょう。

4時間足ではレンジ相場突入か?

ドル円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ドル円の4時間足を表示させたものとなっています。

金曜日のニューヨークタイム午後にアメリカの長期金利が上昇したため、ドル円は大きく上げました。

しかし、テクニカルチャートを見ると100期間移動平均線に跳ね返されているのがお分かりいただけるかと思います。

ボリンジャーバンドは収縮してきていますので、レンジ相場となり、次の材料を待つことになるかもしれません。

日足では戻り売り優勢か

ドル円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ドル円の日足を表示させたものとなっています。

テクニカルチャートを見るともう一段の下落があると考えることもできそうですが、まずは21日移動平均線を上回ることができるかどうか注目したいところです。

個人的には21日移動平均線付近まで上げることがあれば売りでエントリーしたいと考えています。

また、下値の目途はひとまずは110円ということになるでしょう。

この付近には強いサポートがあると考えられ、これまで何度も跳ね返されてきています。

ただ、このサポートを破ることになれば、108円台まで下落する可能性も十分ありそうです。

週足では200期間移動平均線がサポート

ドル円:テクニカルチャート
上記はドル円の週足のテクニカルチャートとなっています。

2週連続で200期間移動平均線で跳ね返されている状況となっていますので、このレベルがひとつのポイントになりそうです。

もし200期間移動平均線を割り込んだ場合、ドル円の下落が加速する可能性がありますが、売りで入れば大きなトレードチャンスとなるかもしれません。

まずはこのレベルでの攻防に注視したいところです。

ドル円:ドル売り要因と円買い要因で伸び悩みか?


先週のドル円は一時112.200円付近まで上昇しましたが、ドル売り要因と円買い要因が発生したことにより、111.360円付近まで価格を下げて終えました。

上値を伸ばせなかった大きな要因として考えられるのが、ドナルド・トランプ大統領が提唱する政策の実行が難しくなったことでしょう。

オバマケア代替法案は否決され、成立の見通しはいまだ立っていません。

もし成立すればドル買い要因となるでしょうが、今のところその気配はありませんので、ドルは買いにくい状況が続いています。

さらに、ギリシャのデフォルトリスクが再浮上していること、アメリカが北朝鮮に軍事力を行使するのではということがリスク回避の円買いを誘い、ドル円の上値を限定しています。

今週はアメリカの雇用統計の発表など重要な経済指標が予定されていますが、焦点はトランプ政策の行方に集まることになるかもしれません。

では、テクニカルチャートをもとにドル円の動きを見ていきたいと思いますので、バイナリーオプションやFXの参考にしていただければと思います。

4時間足では21期間移動平均線の上に留まる

ドル円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ドル円の4時間足を表示させたものとなっています。

週末のニューヨーク相場では下落の動きが加速しましたが、ローソク足は21期間移動平均線の上にかろうじてとどまっている状態です。

現在は一目均衡表の中で推移しており、方向感をつかみにくい相場が続いていますので、大きな動きが出るまで静観するのも良いかもしれません。

もし115円付近まで上がることがあれば、売り方向でトレードしていきたいと考えています。

日足ではさらなる下値を模索か?

ドル円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ドル円の日足を表示させたものとなっています。

現時点ではドル買い、および円売りにつながる材料が乏しく、またテクニカルチャートの形からもいったんは下値を目指すように見えます。

110円付近まで下落する可能性があり、もし直近安値を割り込むようであれば、107円台まで下落が加速することになるかもしれません。

週足では200期間移動平均線で反発

ドル円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ドル円の週足を表示させたものとなっています。

一時は一目均衡表の雲の中に入り込みましたが、200期間移動平均線できれいに反発した形です。

また、一目均衡表の雲の上限をかろうじて上回って終えることができましたが、この付近のサポートは薄くなりつつあると予想することができます。

今週は200期間移動平均線とローソク足の関係に注意すると良いでしょう。

ユーロドル:続伸するも上値は重い



先週のユーロドルは、一時1.08200付近まで上昇し、その後も何度か1.08000台乗せに成功したものの、最終的には1.08000をわずかに下回って終えました。

非常に頭が重い展開が続いていますが、これはユーロ圏に重要な問題がくすぶっていることが大きく影響していると考えて良いでしょう。

ギリシャへの追加支援協議がスムーズに運んでおらず、このまま進まなければデフォルトの可能性が高まってしまいます。

またフランスの大統領選協が控えているということも、ユーロの上値を重くしている要因のひとつです。

1.08000より上で買いエントリーを仕掛けるのはリスクが高いため、上値の重さを確認したうえで売りエントリーを仕掛けたいと考えています。

では、ユーロドルの動きをテクニカルチャートをもとに見ていきたいと思いますので、バイナリーオプションやFXにお役立ていただければと思います。

4時間足ではレンジ相場形成か?

ユーロドル:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロドルの4時間足を表示させたものとなっています。

一時は上昇トレンドが続いていたユーロドルでしたが、1.08000円台の重さを確認したとも捉えることができ、テクニカルチャート上ではレンジ相場を形成することになるかもしれません。

1.07000付近まで下げるシーンがあれば買いで仕掛けても良いかと思われますが、トレンドを狙うのであればまずはギリシャの追加融資問題が解決してからが良いでしょう。

日足では押し目買い優勢か?

ユーロドル:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロドルの日足のテクニカルチャートとなっています。

1.08200あたりは以前も揉み合ったレベルでありますので、この付近には強いレジスタンスがあると見て良いでしょう。

もしこのレジスタンスを突破することができれば、200日移動平均線が位置している1.08800付近まで上昇する可能性も否定できません。

とはいえ、ここから買いで攻めるのは控えたいところです。

週足では一目均衡表の基準線が抵抗か?

ユーロドル:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ユーロドルの週足を表示させたものとなっています。

ローソク足の頭付近には一目均衡表の基準線が位置しており、これがレジスタンスとなっている可能性があります。

また、1.08000付近は週足で見ても何度か揉み合っているラインになりますので、ここを突破できるか、それとも再度下を目指すかの基準となりそうです。

新たな材料が出てこない限り、レンジ相場を形成し、その後トレンドが発生する可能性が高いと考えています。

ドル円:トランプ政策の遅延でドル売り加速



今週のドル円は、上値が重い展開が続きました。

一時110円台ミドルまで価格を下げるシーンも見られましたが、このレベルで数回反発し、底堅さを確認すると、111円台に戻して先週の相場を終えています。

ドル円が一気に下落した大きな要因のひとつは、アメリカのトランプ大統領が提唱している政策がなかなかスムーズに進んでいないということでしょう。

トランプ政策の目玉のひとつと言われているオバマケアの代替法案については政権と議会が対立する状況が続いており、その他の政策についても先送りの可能性が指摘されています。

トランプ大統領の政策の雲行きが怪しくなったことは投資家の不安を買い、それがドル売りにつながっているわけですが、さらにトランプ大統領新政権は日本との貿易不均衡是正に圧力をかける可能性がありますので、円も買われやすい状態です。

テクニカルチャートを見ても下落のリスクが高まっているように感じられるため、しばらくは戻り売りで攻めたほうが良いかもしれません。

では、テクニカルチャートをもとにドル円の動きを見ていきましょう。

4時間足では下落トレンド発生も下も堅い

ドル円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ドル円の4時間足を表示させたものとなっています。

きれいな下落トレンドが発生している状態ですが、110円台ミドルの底堅さを感じさせるような形になっている見ることもできるかもしれ。

また、最後のローソク足が長めの陽線をつけているということも、底堅さを表していると言えるでしょう。

とはいえ、4時間足では戻り売りが有利な局面と捉えることができます。

日足では移動平均線がデッドクロス

ドル円:テクニカルチャート
上記のテクニカルチャートは、ドル円の日足を表示させたものとなっています。

ボリンジャーバンドが拡大し、ローソク足はバンドウォークを始めそうな形となりましたが、かろうじてボリンジャーバンドの-2αと-1αの間に戻して相場を終えました。

とはいえ、現時点では戻り売り優勢な相場と考えることができますので、112円台ミドルまで戻すことがあれば、売りでエントリーしたいと考えています。

週足は一目均衡表の雲の中で終える

ドル円:テクニカルチャート
上記はドル円の週足のテクニカルチャートです。

一目均衡表の雲の上限を割り込んで終えているため、来週はローソク足の実体部分が雲の中に入るか、それとも再び雲の上に上昇するのか確認したいところです。

一方、110円付近にある200期間移動平均線まで下げる場面があれば、買い方向でエントリーしても良いかもしれません。