移動平均剥離率での逆張り


移動平均剥離率での逆張り
移動平均剥離率は、逆張りにも利用することができるオシレーター系テクニカルチャートのひとつです。

移動平均剥離率は現時点の価格が平均価格からどれほど離れているかを示すオシレーター系テクニカルチャートとなっています。

つまり、相場が買われ過ぎの状態にあるのか、それとも売られ過ぎの状態にあるのかを表しているというわけです。

では、移動平均剥離率を逆張りでのトレードに利用する場合、どのタイミングを狙うと良いのでしょうか。

以下で説明していきたいと思いますので、FXやバイナリーオプションの参考にしてください。

乖離率がプラス圏で下向きに反転した時に売りエントリー

移動平均剥離率
上記テクニカルチャートをご覧いただくと、「売りエントリー」と表記している箇所がお分かりいただけると思います。

その箇所で、それまで上昇し続けてきた移動平均剥離率が下向きに転換していますが、これは上昇トレンドが終了し、下落トレンドに相場が転換することを示唆しているため、売りエントリーの仕掛けポイントと見て良いでしょう。

ただ、移動平均剥離率が下向きになったことが確定した時点でエントリーすることがポイントです。

「そろそろ下向きに変わるだろう」とタカをくくって売りエントリーを入れた場合、その後も上昇を続けてしまう可能性がありますので、十分ご注意ください。

乖離率がマイナス圏で上向きに反転した時に買いエントリー

移動平均剥離率
上記テクニカルチャート上に「買いエントリー」と表記している箇所がありますが、そこが逆張りで買いエントリーを仕掛けるポイントです。

移動平均剥離率がマイナス圏で上方向へ反転したということは、それまでの下落相場が上昇相場へと転換する可能性があることを示唆しています、

もちろん、移動平均剥離率の傾きが上方向に確定した時点で売りエントリーを入れることが重要です。

移動平均剥離率を逆張りに利用する際の注意点

女性
移動平均剥離率を逆張りに利用する場合、過去の移動平均剥離率も参考にしたほうが良いかもしれません。

なぜなら、移動平均剥離率が反転するとされる%ラインは定まっていないためです。

たとえば、ドル円であれば±1%の時点で反転するケースが多いとされていますが、通貨によっては±3%で反転しやすいこともあるためです。

したがって、過去の移動平均剥離率の動きを見ながらエントリーポイントを定めるよう心がけてください。

また、大きなトレンドが出ている場合、逆に損失を被ってしまう恐れがあるため、必ず損切りの注文も入れておくようにしましょう。

なお、移動平均剥離率を逆張りに使用する場合、ボリンジャーバンドなどのテクニカルチャートも併せて利用したほうが効果的とされています。

RSIでの逆張り


RSIでの逆張り
オシレーター系テクニカルチャートの代表格のひとつ、RSIは、主に逆張りでのトレードに用いられています。

大きく利益をあげるためにはトレンドフォローが有効とされているのですが、大きなトレードはそう滅多に発生するものではありませんので、逆張りで利益をあげる方法も身につけておいたほうが良いでしょう。

ここでは、RSIを用いた逆張り手法について説明していきたいと思います。

RSIが20~30%ラインを上抜けたタイミングで買いエントリー

RSI
上記テクニカルチャートをご覧ください。

「買いエントリー」と表示しているポイントで、それまで20%以下にあったRSIが20%ラインを上回っているのがお分かりいただけるかと思います。

RSIが20%~30%ラインより下にあるということは、相場が売られ過ぎの状態にあることを示唆していますので、一度上昇に転じる可能性ありです。

RSIを見ると、20%ラインを上抜けたタイミングで相場が反転しているのがお分かりいただけるでしょう。

なお、RSIが70%を超えると買われ過ぎを示唆することとなりますので、買いポジションを決済するのも良いかもしれません。

RSIが70~80%ラインを下抜けたタイミングで売りエントリー

RSI
上記テクニカルチャート上に「売りエントリー」と表示している箇所がありますが、その箇所はRSIが80%ラインを上から下へ抜けたタイミングとなります。

これは、相場の加熱が冷め、下落に転じる可能性があることを示唆していますので、売りエントリーを仕掛けると良いでしょう。

特に右側の「売りエントリー」の箇所では、相場がその後大きく下落しているのがお分かりいただけると思います。

RSIを逆張りに用いる際の注意点

RSIを逆張りに用いる際の注意点
RSIを逆張りでのトレードに用いる場合、エントリーを焦らないということが大切です。

FXやテクニカルチャートを始めて間もないトレーダーにありがちなのですが、たとえば「RSIが80%を超えたからそろそろ下落に転じるだろう」と勝手に思い込み、RSIが上昇している段階で売りエントリーを仕掛けてしまう場合があります。

しかしながら、RSIが上向いているということは相場が上昇傾向にあることを示唆していますので、その後の相場も上昇を続ける可能性があるのです。

したがって、必ず上に挙げたポイントまで待つよう心がけましょう。

また、レンジ相場からトレンド相場に変わった場合、RSIが機能しなくなることがあるため、もし思惑と逆に方向に相場が動くようであれは、損切りすることも非常に重要になります。

MACDでの逆張り


MACDでの逆張り
テクニカルチャートのひとつであるMACDは、逆張りでのエントリーに使用することができます。

実際にMACDを用いてFXやバイナリーオプションにチャレンジしているトレーダーも多いため、非常に有効なテクニカルチャートのひとつと言えるでしょう。

では、逆張りエントリーする場合、MACDのどのポイントを参考にすれば良いのでしょうか?

ここではMACDを用いた逆張り手法について説明したいと思いますので、FXやバイナリーオプションにお役立てください。

MACDとシグナルのクロスによるエントリー

md1
上記のテクニカルチャートをご覧ください。

サブチャートに表示している白色のラインがMACD、赤色のラインがシグナルです。

①のタイミングでシグナルがMACDを下抜いている、いわゆるデッドクロスの状態となっているのがお分かりいただけると思いますが、このタイミングで売りエントリーを仕掛けます。

逆に②のタイミングではシグナルがMACDを上抜けている、つまりゴールデンクロスの状態となっていますが、このタイミングで買いエントリーを仕掛けます。

ちなみに、MACDとシグナルが短期間のうちに何度もクロスする場合もあり、この状態は売り買いが交錯している可能性が高いと見て良いでしょう。

また、その後の相場は大きく動く可能性がありますので、大きなエントリーチャンスとなります。

ヒストグラムを参考にしたエントリー

ヒストグラムを参考にしたエントリー
MACDの大きな特徴のひとつが、ヒストグラムです。

ヒストグラムは一度底、もしくは天井をつけたら反転する可能性が高いと言われており、逆張りの有力な指標となります。

上記テクニカルチャートにおいて、②の時点でヒストグラムが底をつけているのかお分かりいただけると思いますが、その後相場価格は上昇に転じているのが見て取れるでしょう。

一方、①の時点で天井をつけているため、逆張りでの売りエントリーポイントと考えられますが、その後の相場は依然として少々し続けています。

このように、ヒストグラムは将来の値動きを予想するのに有力な指標でありますが、ダマシも多いと言われていますので、移動平均線の傾きなども同時にチェックすることが必要です。

MACDの決済ポイントは?

エントリーしたら、次は決済ポイントを考えなければなりません。

MACDで決済ポイントを割り出す場合、まずはヒストグラムの傾きを見ると良いでしょう。

ヒストグラムが底、もしくは天井をつけた後は相場が反転する可能性が高いとされていますので、ヒストグラムが底、もしくは天井をつけた後に決済します。

また、MACDの傾きが反転したタイミングもひとつの決済ポイントとして考えられます。

エンベロープでの逆張り


エンベロープでの逆張り
FXやバイナリーオプションにチャレンジするにおいて、まずは相場にトレンドが出ているのか、それとも同程度の値幅で上下しているのか、つまりレンジ相場なのかを判断しなければなりません。

トレンドが出ているのであれば、移動平均線などを用いてエントリーポイントを見極めれば良いのですが、レンジ相場の場合はエントリーした途端に予想とは逆側へ動いてしまう恐れがあります。

したがって、レンジ相場の時には逆張りが有効となるでしょう。

今回はテクニカルチャートのひとつ、エンベロープを用いた逆張り手法について説明したいと思いますので、FXやバイナリーオプションにお役立ていただければと思います。

ロウソク足が±n%に達したタイミングでエントリー

エンベロープを見ると、真ん中の移動平均線を中心にして上下に2本ずつ等間隔でラインが引かれているのがお分かりいただけると思います。

移動平均線から上1本目のラインが+1%、2本目のラインが-1%、下1本目のラインが-1%、2本目のラインが-2%です。

上記テクニカルチャートをご覧いただくと、ローソク足がエンベロープの±1%の範囲での値動きを繰り返しているのが見て取れますが、ローソク足が+1%に達したら売り注文で逆張りエントリー、逆に-1%に達したら買い注文で逆張りエントリーを仕掛けると良いでしょう。

もちろん、±1%を越える場合もありますので、もしローソク足の実体部分が±1%を越えたとしたら、損切り注文をいれたほうが良いかもしれません。

ちなみに、上記テクニカルチャートではニュージーランドドル円の日足を表示させていますが、通貨によってはエンベロープの幅を±1%ではなく、±2%、もしくは±0.5%などの範囲内で価格が推移するケースもあります。

エンベロープの傾きに要注意!

エンベロープで逆張りエントリーを狙うにあたり、必ずチェックしておきたいのが、エンベロープの傾きです。

上記のテクニカルチャートではエンベロープの傾きがほぼ水平となっていますので、レンジ相場と判断することができます。

では、次のテクニカルチャートをご覧ください。

エンベロープ

テクニカルチャートの左側ではエンベロープが下に傾き、その後水平状態に入っているのがお分かりいただけると思いますが、エンベロープが下向きの場合、下落トレンドが発生していることを表しています。

そのため、逆張りでエントリーするのではなく、移動平均線などを用いてトレンドフォローでエントリーしたほうがより効果的でしょう。