フィボナッチでのトレンドフォロー


フィボナッチでの逆張り
フィボナッチは、相場の戻し水準を図るのに非常に有効なテクニカルチャートです。

特に大きなトレンドが発生したあとには、フィボナッチラインが戻しの大きなポイントとなりますので、その場所を狙ってトレンドフォローを仕掛けるのも良いでしょう。

フィボナッチの中で特に意識したいのは、38.2%戻し、50%戻し(半値戻し)、61.8%戻し、76.4%戻しです。

これらの戻しポイントは非常に大きな意味を持つと言われていますので、大きなトレンドが出たあとはフィボナッチを引き、戻りのポイントを予想してエントリーするのも効果的となっています。

どのタイミングでエントリーする?

フィボナッチ
まずは上記テクニカルチャートをご覧ください。

上記テクニカルチャートはドル円の日足となっていますが、125.282円の高値から116.067円の底値まで大きな下落トレンドが発生していることがお分かりいただけると思います。

その高値と底値でフィボナッチを引いてみましょう。

なお、FXやバイナリー業者のほとんどは高値と底値を指定すれば自動的にフィボナッチを引いてくれます。

すると、116.067円まで大きく下げた次のローソク足では、フィボナッチの23.6%戻しラインで反発しており、その後上昇と下落を繰り返しているのが分かると思いますが、現時点では50%戻し付近での攻防が続いています。

この場合、フィボナッチを利用して売りでエントリーを仕掛けましょう。

たとえば、50%戻しの価格で売りエントリーから入ります。

フィボナッチラインを一度に抜ける可能性は低く、数回試した後に越える、もしくは反発することが多いため、ラインに初めてタッチした瞬間に売りエントリーで入ることがポイントです。

相場がフィボナッチラインを2度、3度と試した場合、ラインで反発せずに突き抜けることもありますので、必ず1回目のタッチでエントリーを仕掛けてください。

決済のタイミングは?

フィボナッチで難しいことのひとつは、決済のタイミングです。

フィボナッチラインでの反発を狙ってエントリーした際に、価格が予想と逆の動きをすることもあるのですが、その場合は損切りすることも視野に入れておいてください。

決済のタイミングとしては、次のフィボナッチラインを狙うと良いでしょう。

たとえば、価格が50%戻しで反発し、再び下落した場合、38.2%戻しラインで決済を入れます。

もちろん、38.2%ラインを明らかに抜けてくるようでしたら、必ず損切りしてください。

また、アメリカの雇用統計など相場が荒れる指標の前は、利益が出ていたとしても、もしくは損失を抱えていたとしても、一旦ポジションをクリアにしておくことをおすすめします。

移動平均剥離率でのトレンドフォロー


移動平均剥離率でのトレンドフォロー
オシレーター系テクニカルチャートのひとつである移動平均剥離率は、主に逆張りでのトレードに使用されています。

しかし、相場の大きな流れを把握していれば、トレンドフォローに用いることも可能です。

相場状況によっては移動平均剥離率を用いたトレードが大きな効果を発揮することもありますので、ここでは移動平均剥離率を用いたトレンドフォロー手法を覚えていきましょう。

移動平均剥離率の0ライン上抜けで買いエントリー

移動平均剥離率
移動平均剥離率を用いてトレンドフォローを狙う場合、チャートに表示されている0ラインが大きなポイントになります。

0ラインは相場が拮抗状態にあるラインであり、移動平均剥離率が0ラインより上にあれば、その相場は強気相場です。

特に移動平均剥離率が0ラインを下から上へ抜けた場合、相場が強気相場に変わったことを示唆していますので、買いエントリーする大きなタイミングと言えるでしょう。

実際に、上記のテクニカルチャートをご覧いただくと、「買いエントリー」と表示されている後に相場が上昇しているのがお分かりいただけるかと思います。

移動平均剥離率の0ライン下抜けで売りエントリー

移動平均剥離率
買いエントリーとは逆に、移動平均剥離率が0ラインを上から下へ抜けた場合、売りエントリーのチャンスとなります。

上記テクニカルチャートをご覧いただくと、「売りエントリー」と表記されている後に実際に相場が下落しているのがお分かりいただけるでしょう。

この場合、移動平均線が下向きとなっていますので、売りエントリーで大きな利益を獲得できるチャンスです。

移動平均剥離率をトレンドフォローに用いる際の注意点

女性
移動平均剥離率をトレンドフォローに用いる場合、まず注意したいのは長期移動平均線の傾きです。

長期移動平均線はトレンドを表しており、上記のテクニカルチャートですと長期移動平均線は下向きとなっていますので、下落相場が形成されているということになります。

下落相場が形成されている時に買い注文で入るのは、非常に危険です。

そのまま下落し続ける恐れがあるため、逆に大きな損失を被ってしまいかねません。

したがって、長期移動平均線の傾きを確認したうえで、買いエントリーで攻めるのか、それとも売りエントリーで攻めるのか決めると良いでしょう。

また、移動平均剥離率が0ライン付近で右往左往している時も注意が必要です。

0ラインは相場の膠着を表しているため、移動平均剥離率が0ライン付近で動いている場合、相場が迷っていることを示唆しています。

このような時はエントリーを見合わせ、トレンドが出てからエントリーすることがポイントです。

ストキャスティクスでのトレンドフォロー


ストキャスティクスでのトレンドフォロー
ストキャスティクスはオシレーター系テクニカルチャートを代表するひとつであり、多くのプロトレーダーがFXやバイナリーオプションに利用しています。

トレンドフォローにも順張りにも使用できる有力なオシレーター系テクニカルチャートとなっていますが、ここではストキャスティクスを用いたトレンドフォロー方法について説明しますので、ぜひFXやバイナリーオプションでの相場分析にお役立てください。

%DとS%Dのゴールデンクロスで買いエントリー

ストキャスティクス
上記のサブチャートで表示させているのが、ストキャスティクスです。

ストキャスティクスには%K、%D、S%Dの3種類のラインがありますが、一般的には%DとS%D、いわゆるスローストキャスティクスが用いられています。

上記テクニカルチャートでは、赤色のラインが%D、黄色のラインがS%Dです。

ストキャスティクスを用いてトレンドフォローを狙う場合、%DがS%Dのラインがクロスしたタイミングが大きなポイントになるでしょう。

上記テクニカルチャートをご覧いただくと3箇所に「買いエントリー」と表示させているのが分かると思いますが、いずれのポイントも%DがS%Dを下から上へ抜けている、つまりゴールデンクロスしているタイミングです。

ゴールデンクロスは買いエントリーで入るチャンスとなっています。

また、決済ポイントについてはストキャスティクスが天井を付ける、もしくは2つのラインがデッドクロスしたタイミングを狙うと良いかもしれません。

%DとS%Dのデッドクロスで売りエントリー

ストキャスティクス
上記テクニカルチャート上のストキャスティクスには、「売りエントリー」と記載されているポイントが4箇所あります。

このポイントは%DがS%Dを上から下へ抜けた、つまりデッドクロスしたタイミングとなっており、売りエントリーで入るチャンスです。

もちろん相場の流れを判断したうえでエントリーすることがポイントです。

決済タイミングについてはストキャスティクスが底をつける、もしくはデッドクロスする、もしくは他のテクニカルチャートを参考にしてください。

ストキャスティクスをトレンドフォローに用いる際の注意点

ストキャスティクスをトレンドフォローに用いる際の注意点
ストキャスティクスをトレンドフォローに用いる際に注意したいのは、相場の流れを判断してからエントリーするということです。

たとえば、相場が強気の状態にある時にストキャスティクスがデッドクロスした場合、一時的な調整相場である可能性があり、その場に大きく上げる可能性も否定できません。

そのため、買いエントリーと売りエントリーを繰り返して注文するのではなく、相場が強気であれば買いエントリーをメインに、弱気であれば売りエントリーをメインにトレードすると良いでしょう。

RSIでのトレンドフォロー


RSIでのトレンドフォロー
オシレーター系テクニカルチャートのひとつであるRSIは、一般的には逆張りでのトレードに用いられています。

ただ、トレンドフォローのトレードに用いることも可能です。

ここではRSIを用いたトレンドフォロートレードについて説明したいと思いますので、FXやバイナリーオプションの参考にしてもらえたらと思います。

50%の上抜けで順張りロング

50%の上抜けで順張りロング
上記テクニカルチャートをご覧ください。

サブチャートのRSIに赤色の点線が引かれていますが、赤色の点線が50%ラインを表しています。

RSIをトレンドフォローでのロング注文に利用する場合、RSIが50%ラインを下から上へ抜けたタイミングがチャンスです。

RSIが50%を上回るということは、相場が強気トレンドに転換したことを示唆していますので、50%を上回ったタイミングでロング注文を入れれば大きく利益をあげることができるかもしれません。

ただし、相場がもみ合いに入っている場合、RSIが50%ラインを下から上へ抜けたとしても大きなトレンドが出ず、再び下落する可能性がありますので、ご注意ください。

50%の下抜けで順張りショート

50%の下抜けで順張りショート
RSIをトレンドフォローに利用する場合、RSIが50%ラインを上から下へ抜けた時がショート注文を入れるタイミングとなります。

上記テクニカルチャートをご覧いただくと、RSIが50%ラインを下回った後に相場が下落しているのが分かるかと思います。

ただし、ダマシの動きをする場合もありますので、十分注意しなければなりません。

RSIをトレンドフォローに用いる際の注意点

RSIをトレンドフォローに用いる際の注意点
RSIをトレンドフォローに用いる場合、特に注意したいのは相場全体の流れを事前に把握しておくということです。

相場が上昇している時にRSIが50%ラインを下抜け、ショート注文を入れた場合、注文後に相場が上昇してしまう可能性があります。

逆も然りです。

そのため、移動平均線の傾きなどで相場のトレンドを把握し、その後にRSIを見てエントリータイミングを判断すると良いでしょう。

また、トレンドフォローは大きく利益をあげることが目的ですので、1分足や5分足など短い時間のテクニカルチャートを見るのではなく、4時間足や日足など長期のテクニカルチャートを見て判断してください。

ちなみに、RSIが70%~80%を上回ったら買われ過ぎ、20%~30%を下回ったら売られ過ぎとされています。

そのため、RSIが買われ過ぎ、もしくは売られ過ぎを示唆したタイミングで決済注文を入れても良いでしょう。

ただし、強いトレンドが発生している場合、RSIが天井、もしくは底に張り付くことがありますのd、必ず他のテクニカルチャートとあわせて決済タイミングを見計らってください。

MACDでのトレンドフォロー


MACDでのトレンドフォロー
MACDを逆張りに利用しているトレーダーも多いかもしれませんが、MACDはトレンドフォローにも利用できる、万能性の高いテクニカルチャートのひとつです。

逆張りで利益を大きくあげることは難しいとされているため、大きな利益をあげるためにもMACDを参考にしてトレンドフォローで投資をするのも良いでしょう。

ここではMACDを利用したトレンドフォロー手法をお伝えしたいと思いますので、FXやバイナリーオプションの参考にしていただければと思います。

MACDとシグナルの交差でトレンドフォロー

MACDとシグナルの交差でトレンドフォロー
MACDでトレンドフォローを狙う場合、MACDとシグナルの交差が大きなポイントになります。

まずは上記のテクニカルチャートをご覧ください。

白色のラインがMACD、赤色のラインがシグナルです。

①のポイントでMACDがシグナルを上から下へ抜けていますが、ここは売りポイントとして見ることができ、②のMACDがシグナルを上抜けているポイントは買いポイントとして見ることができます。

MACDにはダマシがあるため、他のテクニカルチャートとあわせて相場分析を行わなければなりませんが、移動平均線が上向きの状態の時は買い注文を、下向きの状態の時は売り注文をメインにしても良いかもしれません。

上記のテクニカルチャートでは、移動平均線が上向いている状態にあるため、トレンドフォローを狙う場合は②の買いエントリーにより多くの資金を注入しても良いでしょう。

実際に、①の売りポイント直後は相場に大きな動きが見られず、逆に②の快ポイント直後には相場が大きく上昇しているのがお分かりいただけると思います。

MACDの決済ポイント

MACDを決済ポイントの判断に利用する場合、MACDとシグナルの交差はもちろんですが、ヒストグラムの傾きにも目を向けたほうが良いかもしれません。

ヒストグラムで天井、もしくは底をつけた後は相場が反転する可能性が高いとされていますので、ヒストグラムが天井、もしくは底をつけたタイミングで売り決済、もしくは買い決済を入れるのもひとつの手でしょう。

MACDをトレンドフォローに用いる際の注意点

MACDをトレンドフォローに用いる場合、まず最初に相場の流れを把握しておかなければなりません。

もしレンジ相場であるならば、MACDでトレンドフォローを狙っても、予想と逆の方向へ相場が動いてしまうでしょう。

したがって、移動平均線などで相場の流れを判断することが最も重要になります。

また、MACDにはダマシがあるため、MACDだけで相場の動きを判断しないことが大切です。

一目均衡表でのトレンドフォロー


一目均衡表
一目均衡表は相場分析において非常に有効と言われています。

日本発祥の一目均衡表は世界中で多くのトレードが利用しており、FXやバイナリーオプションで利益を上げ続けるためには必須のテクニカルチャートのひとつと言っても過言ではないでしょう。

では、一目均衡表がどのような状態にある時にエントリーを仕掛ければ良いのでしょうか。

ここでは3つのポイントをお伝えしたいと思いますので、FXやバイナリーオプションでの相場分析にお役立ていたいだければと思います。

ポイント①:転換線と基準線の関係

転換線と基準線の関係
まずは上記テクニカルチャートをご覧ください。

①のラインが転換線、②のラインが基準線です。

転換線は短期のトレンドを、基準線は中期のトレンドを表しており、転換線が基準線を下から上に抜けた、いわゆる好転したタイミングで買いエントリー、逆に転換線が基準線を上から下に抜けた、いわゆる陰転したタイミングで売りエントリーを仕掛けると良いでしょう。

ポイント②:ローソク足と雲の関係

ローソク足と雲の関係
一目均衡表では、2本の先行スパンの間の領域を雲と呼びます。

雲が厚ければ厚いほど強いサポート、もしくはレジスタンスとなりますので、覚えておきましょう。

上記テクニカルチャートで「買いポイント」と表記している箇所がありますが、ローソク足が終値で雲を完全に上抜けているのがお分かりいただけると思います。

これは、相場が上昇トレントにあることを示唆しており、ローソク足が終値で雲を抜けた時点で買いエントリーを仕掛けると良いでしょう。

逆にローソク足が終値で雲を下抜ければ、売りエントリーのポイントとなります。

また、2本の先行スパンが交わる場所は「雲のねじれ」と呼ばれており、ねじれがある箇所で相場が反転する可能性があります。

ポイント③:ローソク足と遅行スパンの関係

ローソク足と遅行スパンの関係
上記テクニカルチャートの③で表しているのが遅行スパンです。

ローソク足の上に遅行スパンがあれば上昇トレンド、ローソク足の下に遅行スパンがあれば下降トレンドであることを示唆します。

ローソク足が終値で遅行スパンを下回ったタイミングで売りエントリー、逆にローソク足が終値で遅行スパンを上回ったタイミングで買いエントリーを仕掛けると良いでしょう。

三役好転・三役陰転

一目均衡表で特にチェックしていただきたいのが、三役好転と三役陰転です。

三役好転は上記であげたポイント①から③まですべてが買いエントリーを示している状態のことであり、三役陰転は逆にすべてが売りエントリーを示している状態のことです。

三役好転と三役陰転が発生すると、その後に強いトレンドが出る場合がありますので、絶好のエントリーポイントとなるでしょう。

ただし、ダマシもあるため、他のテクニカルチャートとあわせて確認する作業が必要です。

移動平均線でのトレンドフォロー


移動平均線でのトレンドフォローFXやバイナリーオプションで大きく利益をあげるためには、トレンドに追随する、つまりトレンドフォローでの注文が大きなポイントになります。

ただ、「移動平均線の見方は分かるけど、いつも予想とは逆に動いてしまう」というトレーダーの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、移動平均線を用いる際にどのタイミングでエントリーすれば良いのかお伝えしたいと思いますので、FXやバイナリーオプションにお役立ていただければと思います。

①長期移動平均線の傾きを見る

長期移動平均線の傾きを見る
まずは、上記テクニカルチャートをクリックし、拡大してご覧ください。

テクニカルチャート上の③で示しているラインが、長期移動平均線です。

長期移動平均線は相場のトレンドを表しており、上記テクニカルチャートだと長期移動平均線が上向きとなっていますので、基本は買い注文でのエントリーを心がけます。

逆に長期移動平均線の傾きが下向きであれば、売り注文でのエントリーを心がけましょう。

②ゴールデンクロスとデッドクロスのポイントを見つける

ゴールデンクロスとデッドクロスのポイントを見つける
上記テクニカルチャートをクリックし、拡大表示させてください。

「GC」はゴールデンクロス、「DC」はデッドクロスです。

矢印で示しているポイントがゴールデンクロス、もしくはデッドクロスしている場所となりますが、中期の移動平均線を短期の移動平均線が下から上に抜けている、つまりゴールデンクロスしたタイミングが買いエントリーのチャンスとなります。

ただし、上記テクニカルチャートでは長期移動平均線が上向きであり、相場は上昇トレンドであることを表していますので、デッドクロスのポイントでの売りエントリーは危険です。

テクニカルチャートをご覧いただくとお分かりいただけますように、デッドクロス後にすぐに相場が上昇に反転している様子が見えますので、長期移動平均線の傾きで買い注文か、それとも売り注文かを判断しましょう。

②グランビルの法則を活用する

グランビルの法則を活用する
移動平均線を見るうえで忘れてはならないのが、「グランビルの法則」です。

上記テクニカルチャートをご覧いただくと、①のポイントで短期移動平均線が長期移動平均線に跳ね返され、再び上昇トレンドへ向かった様子がお分かりいただけると思います。

つまり、一度大きなトレンドが発生した後、短期移動平均線が長期、もしくは中期移動平均線に接触し、再びトレンドを形成しているというわけです。

したがって、一度トレンドが出た後に短期移動平均線の動きを見て、長期もしくは中期移動平均線に接触した時に買いエントリーをかけます。

売り注文の場合も同様です。

これはトレンドフォローの基本となりますので、覚えておきましょう。

移動平均線でのトレンドフォローの注意点

ゴールデンクロスやデッドクロスによるトレンドフォローは、あくまでトレンドが出ている時に通用する手法です。

トレンドが発生しておらず、レンジ相場を形成している場合、ゴールデンクロス後に再び下落、デッドクロス後に再び上昇という可能性もありますので、まずはトレンド相場なのか、それともレンジ相場なのかを見極めましょう。

その際には、オシレーター系のテクニカルチャートも利用してください。